スポンサーリンク

テニスのシングルスでコテコテのシコラー(ストローカー)に勝利したメモ

最近シングルスで勝率が落ちて悩んでいたのですが、苦手だったコテコテのシコラーに勝利できたので、忘れないようにメモしておきます。

テニス

コテコテのシコラーに勝ったポイントは、ミスらないこと。



Sponsored Links


このシコラーの相手は、ストロークに破壊力はないのですが、ひたすら緩いボールを深く返してくるので、こちらがいくら攻撃的なボールを打っても無効力にされます。防御力がずば抜けてます。こっちはミスが増えていつのまにか負けているという・・・。でもその相手は、こちらのボールが多少浅くなってもアプローチで前に出てネットプレーには持ち込まない感じ。

こういった場合、こちらがネットプレーで攻めるのがセオリーなんでしょうけど、もともと自分はネットプレーは不得意だし、中途半端なアプローチで出ると、深いスライスロブで返されるし、パッシングショットもコントロールが良く、逆にピンチに陥ります。相手のパッシングショットはボールが緩いのでボレーで深く返すのはなかなか難しかったりします。

そういうことで、これまではストロークで振り回してポイントを取るという攻撃パターンを使っているんですが、取られまくって厳しいところに打っても深いロブで無効化されてしまい、更に厳しいところに打つとアウトしてポイントを取られてしまう始末。根負けして、ジエンというパターンでした。

テニスで勝つには凡ミスをしないってのは当たり前のことなんですけど、試合中は熱くなるのでミスが多くなってしまいます。

若い頃はこれで攻め勝っていたんですけどね・・・。

いろいろと分析した結果、ストロークを基本にじっくり攻めることにしました。単純なストローク力では負けていないので。

まず序盤はとりあえずセンターに返す。今まで体が慣れてない状態の序盤で左右のコーナーにボールを打っていたので、ミスが多かったのです。なので焦らず体が慣れるまでセンターに返す。

すると逆にシコラーの相手が左右にボールを打とうとしてミスが目立ってました。

つまり、こちらがボールを左右に振ると相手はじっくりとボールを返すのに徹してくるのですが、こちらが攻めないと相手は逆にボールを振って攻撃しようとしてくるという具合。試合の序盤で体が慣れてないことと、普段やらない攻撃をやるので、ミスが多くなるということです。序盤なので油断して慣れないことをやってしまうということもあるのでしょう。

1ゲーム目を取ると勝率はグッと上がります。

2ゲーム以降は体が慣れてきたので、無理をしない感じで左右にボールを振りました。ポイントは際どいところを狙わないこと。ここでミスってしまうと流れが相手に行ってしまうので。

不調のテニスの不調の時の対策メモ」の記事で書いたように、サイドラインの内側約1m、ベースラインの内側約1.5mを狙う。意外とこれが厳しいコースを突いたりして有効。相手も更に焦ってきます。

こうなってくるとシコラーの相手は、ロブで粘ってきました。

これまではロブを打たれるとミスらないようにとこっちもロブで返してきましたが、ここでロブで返すしてしまうとシコラーペースに嵌ってしまう。またイライラしてハードヒットするとミスってしまう。

なのでここは50~70%のストロークで深く返します。難しい処理のときはセンターに。バックハンドはスライスも混ぜて。ミスらずロブ合戦に持ち込ませない感じ。

シコラーの相手は更に焦ってきた感じ。

流れは完璧にこっちに来ているので、ゲーム中にアプローチやサーブ&ボレーでネットプレーも混ぜました。更にロブで返ってきたらハイボレーで前に出てプレッシャーをかけます。相手はミスの確率が上がってきました。

結果、終始こっちペースでゲームは進み、6-1で勝てました。

今回の勝利で、コテコテのストローカーシコラーには、今後負けない気がしてきました。

ただし、ストロークの打ち合いではシコってきて、前にも頻繁に出てきてボレーで攻めてくる相手にはまた違う戦い方が必要でしょう。ボレーでポイント取られるので強い。これについてはまた戦略を考えてみます。