テニス練習器具、パワーストロークで素振りして鍛錬したので、そのレビュー

スポンサーリンク

テニスの練習器具、パワーストロークを買って約1ヶ月。このパワーストロークで素振りを続けましたので、そのレビュー(感想)を書いておきます。

パワーストローク

結論を先に書くと、バックハンドストロークのスイングがスムーズになり、威力が増した感じがします。

パワーストロークとは、テニスのストローク、ボレー、サービスのスイングの練習ができるテニスの練習器具。

買ったのは700gのパワーストロークで、硬式テニスラケットが300g前後なので倍以上あります。確かに重いです。

先端に重りが付いていて、スイングするとこの重りが前後して、球なしでも打球感を確認できるのでより効果的なトレーニングができるというのが特徴。

今回このパワーストロークを買ったのは、バックハンドストロークのスイングを強化するために買ってみました。

テニスのダブルバックハンド強化にパワーストロークを購入

購入先は楽天のテニス上達グッズ専門店 テニサポというお店。ダンボール箱にシンプルな包装で届きました。プチプチの緩衝材に巻かれて、更に紙の緩衝材で固定されていたので商品は問題なく届いてます。

パワーストロークの包装状態

パワーストロークの包装状態

注文してから2日で届きました。

パワーストロークは重量が重いため、下半身を使ったスイングでないとスムーズなスイングができません。よって素振りを続けることで下半身を使ったスイングを身体に叩き込ませることができるような気がします。

グリップもテニスラケットのグリップになっているので、握りもテニスのときの握り方で練習が可能です。

パワーストロークのグリップの画像

グリップサイズは2くらいでしょうか。

今使っている硬式テニスラケットは、バボラのピュアドラのグリップ2にグリップテープを一枚巻いて使っているのですが、それより若干細い感じがしますが、ボールを打っているわけではないので問題なく握って振れます。

細く感じる場合は、グリップテープを巻いて太さを調整するといいでしょうね。

パワーストロークでストロークの素振りの練習を一ヶ月続けたことで、確かに以前よりも、バックハンドストロークのスイングがスムーズになり、下半身を使うためバックハンドの球の威力が増したと思います。

ストロークのスムーズなスイングを覚えるのには最適なトレーニング器具ではないでしょうか。

下の画像のように、重りが前後に動いて振動と音でインパクトの状態がわかるようになっています。

パワーストローク

パワーストローク

ボレーの練習は不向きのような。正しい動きをすると重りが動いて「カチッ」と音が鳴るのですが、ボレーは力を入れないと音が鳴らないような・・・。ボレーの場合、力に頼りすぎると逆効果のような気がして。

でもキレのあるボレーを打つための練習としてはいいかもしれません。

部屋の中で練習しているので、サーブは危険と思って練習していません。重さがあるので有効な練習ができそうな気はします。

あと重りが動いて「カチッ」と鳴るのはいいんですけど、夜や集合住宅だと音が結構響いて迷惑なんじゃないかと。

消音パッドが付いてますが、消音効果は薄いです。

パワーストロークの消音パッド

パワーストロークの消音パッド

リビングで(消音パッドなしで)パワーストロークを使って素振りしていたら、子供が何事!と自分の部屋から出て来ました(^_^;)

自分の場合は、音が気なる時間帯では音が鳴らないように靴下で重りを固定することにしました。

パワーストロークの消音方法

これだと音がしないので気兼ねなく素振りを何回も行うことができます。打球感の確認はできませんけど。

ストローク強化は、コートでボールを打って練習するのが実践的ですが、そもそも安定したストロークができてないと、ボールを打つときにどうしても手打ちになったり、変な癖がついたりしやすいです。

安定したストロークを身につけるなら、素振りで正しいスイングを覚えながら、並行に球出しでストロークの練習するのが早道でしょう。

ゴルフや野球でもボールを打つ練習と同時に、正しいスイングで素振りをするのが安定した打ち方を身につけるのに効果的なのと一緒です。

テニスのストロークでお悩みの方、一度試してみては。

このパワーストローク、値段はそこそこしますが、テニスの練習用として満足してます。

テニス上達グッズ専門店 テニサポ パワーストローク