スマホ水没!Xperia Z3 compact、防水仕様のはずなのに・・・そして復活は?

スポンサーリンク

ついに初デビュースマホの「Xperia Z3 compact」とお別れをする日がやって来たらしい。

xperia Z3 compact

さようなら、Xperia Z3 compact・・・。



Sponsored Links



最近は風呂に浸かりながら、スマホでネットを観るのが習慣となっていた。なんせ「Xperia Z3 compact」は防水仕様。お風呂で使うのはもってこい!・・・と思っていたのだが・・・。

なんと湯船に落として、あっという間に一巻の終わり。

落としたときには、めっちゃ余裕だった。防水仕様だったんで。お湯に浸かったくらいへっちゃらやろ!と。

防水仕様でないスマホならば、スマホが水に浸かった瞬間に電源を切るはずなのだが、「Xperia Z3 compact」は防水仕様なはずなので、水に浸かった後も余裕綽々、そのままスマホをいじってた。

それがいけなかった。数十秒後、あらあらあら・・・画面が変な具合になって強制終了!

防水仕様のスマホがそんなぁはずはない!?と電源入れようにも起動せず。こりゃヤバイ!!と本格的に危機的状況を理解した。

風呂から上がって新聞紙に包み、ビニール袋へ。そのビニール袋に乾燥剤のシリカゲルを投入。これでスマホの水分が乾いてくれれば復活するはず!!

1日たって袋からスマホを取り出し、緊張しながら・・・電源ON!!!!

真っ暗なまま。

ダメ、復活しない。ハァ・・・

防水仕様のスマートフォンどーした!?

背面をよくみたら、背面のパネルが浮いている!ここに隙間があり、水が入った模様。

こんなとこに隙間ができるの?なんじゃいそりゃぁ・・・。防水仕様なはずなのにこんなにチャチなのか。買って2年半くらいしか経ってないのに。

ネットで調べてみると「Xperia Z3 compact」を水没させて、オシャカにした話が結構あった。結局、完璧な防水ではなかったのか。

もうスマホの防水は信用しない。お風呂でスマホを使うのもなしやね・・・。

ちなみにマイクロSDカードは生きていた。なのでこれまでの写真はOK。これは助かった。

そして「Xperia Z3 compact」。愛着はあったんだけど、修理に出しても高額っぽい。またストレージの16GBは、アプリ入れて、キンドルの漫画入れたらすぐにパンクして頼りない。修理してもしょうがないので、お別れする予定。

Xperiaはもういいや。

新製品のXperiaは国内版のSIMフリーのスマホないし、防水もイマイチ信用できんし、手頃なサイズのXperiaコンパクトシリーズのストレージは32GBが最高やし。32GBは容量が厳しいような気がする。ハイレゾの音楽聴くこともなかった。

次はiPhoneにしよ。

SONYのスマホ事業大丈夫かな・・・。Xperia、イマイチ買う気が起こらんぞ。