洗面用洗髪シングルレバー式混合栓(KVKのKF389FMS)のカートリッジ交換方法

スポンサーリンク

それでは洗面用洗髪シングルレバー式混合栓(KVKのKF389FMS)のカートリッジ交換方法をメモしておきます。ちなみに家の洗面用洗髪シングルレバー式混合栓は、下の写真のやつ。

レバー式水道

修理前に用意したカートリッジ、工具は前の記事(洗面台の水道(KVKのKF389FMS,洗面用洗髪シングルレバー式混合栓)のカートリッジ交換で購入した工具など)に記載してますので、ご参考に。

大まかなカートリッジの交換手順

カートリッジの大まかな交換手順は次の通り。

  1. 洗面台の止水栓を二つ(水、温水)閉める。
  2. レバーの上のカバーを外す。
  3. カバーの下にあるレバーのネジをドライバーで外し、レバーを外す。
  4. レンチとシングルレバーカートリッジ取り外し工具を使ってカートリッジ締付ナットを外す。
  5. カートリッジを外す。
  6. カートリッジを交換。
  7. 同じ工具を使って、カートリッジ締付ナットで締め付け、ネジを付け、カバーを付ける。
  8. 洗面台止水栓を開けて完成。

ちなみに、交換手順は購入したカートリッジにも記載されてます。わかりにくい部分もあるので、カートリッジ交換の各手順の詳細を次に書いておきます。

まずは洗面台の止水栓を締める

修理中に水が漏れないように、まず止水栓を締めておきます。止水栓は元栓のこと。通常は洗面台の下にあると思います。これ閉めておかないと水が漏れて大変なことになります。

洗面台止水栓

レバーの上のカバーの外し方

レバーの上にカバーがあり、このカバーの下にネジがあります。下の写真のカバーです。

レバー式水道のレバーのカバー

このカバー、見た目、どうやって外したらよいかわかり難いです。

実は奥に小さな穴があって、ここに先の細いドライバーの先を引っ掛けて、パカッと上向きに外します。

レバーのネジをドライバーで外し、レバーを外す

カバーを外すとネジがあるので、プラスドライバーで外します。ネジの頭を見るとマイナスドライバーでも回せそうですが、今回はプラスドライバーを使いました。

レバー式水道のネジ

家のやつは水道のレバーと棚の間が狭いので、短めのドライバーじゃないと使い辛かったです。ネジを閉める際には短いドライバーを購入しました。

プラスドライバー

また、ネジが固いのでまわしにくく、ネジの頭がつぶれかけました。ただし、カートリッジに専用の新品のネジが付属しているので、ネジを回して取れさえすれば問題なしです。

レバー式水道のネジ

ネジを取ったあと、レバーを外します。レバーを外すと「カートリッジ締付ナット」が出てきます。

カートリッジ締付ナット

カートリッジ締付ナットを外す

レンチ」と「KVK 台付きシングルレバーカートリッジ取外し工具」を使って、カートリッジ締付ナットを外します。

スーパー モーターレンチ MF230

KVK 台付きシングルレバーカートリッジ取外し工具 PG26

「シングルレバーカートリッジ取り外し工具」を使わないと、配管が壊れる可能性があるので使用必須。

水道の奥に下の写真のような小さな穴(写真は鏡に写ったもの、手前が本物の水道)があるので、

シングルレバーカートリッジ取り外し工具の取り付け穴

「シングルレバーカートリッジ取り外し工具」の先っぽを水道の小さな引っ掛け、下の写真のように置きます。

シングルレバーカートリッジ取り外し工具

その後、レンチでカートリッジ締付ナットを左回りに回すとともに、「シングルレバーカートリッジ取り外し工具」でレンチとは逆方向に力を入れます。ナットとともに水道本体が動かないように力を入れるのがコツ。

カートリッジ締付ナットの外し方

ナットは思っている以上に固いので、力の入れ具合には気をつけましょう。水道を壊したり、怪我しないように。

カートリッジを外す

ナットを外した後、カートリッジを取り出します。下の写真はカートリッジが、まだ埋まった状態。

カートリッジを外す

この埋まったカートリッジ、これまた固いので、抜くのには、結構、力が必要。

自分はカートリッジの上の部分の金属をペンチで上向きに、慎重に引っ張り上げました。素手ではちょっと難しかったです。力の入れ方や方向を間違えると、カートリッジと金属部分のつなぎ目などが破損してしまうかもしれませんので慎重に。

他にコツがあればいいんですが、結構、怖い。プロはどうやって外しているんやろ?

新品のカートリッジを取り付け

カートリッジを抜くと、古いカートリッジの下の部分の黒いパッキンが空間の底に残っていました。貼りついている感じ。下の写真のハートっぽいやつです。

カートリッジ パッキン

まず新品のカートリッジを取り付ける前に、このパッキンを取り除きました。指では取れなかったので、ピンセットを使用。

下の写真は、左が新品のカートリッジで右が古いカートリッジ。新品にはパッキンがあって、古いものにはパッキンがないです。

カートリッジのパッキン

新品カートリッジの取り付けは、カートリッジの底の形状と穴と水道側の形状がぴったりと合うように、新品のカートリッジは金属部分に書いてある「前」という文字を手前にして取り付けます。

カートリッジの取り付け方法

カートリッジを取り付ける際、上部外側の丸いパッキンが浮かないように注意。これもちょっとコツが。軽くカートリッジを取り付け、丸いパッキンを押し込めるようにカートリッジを押し込めます。

カートリッジ締付ナットを取り付け

カートリッジ締付ナットの取り付けも、レンチと「シングルレバーカートリッジ取り外し工具」を使います。ナットは右回り。今回も「シングルレバーカートリッジ取り外し工具」は逆方向に。力は均等にかけます。

レバーを取り付けてネジを閉め、最後にカバーを取り付けたら完成

そしてレバーを取り付け、ネジで閉めます。ネジは新品カートリッジ付属の新品のネジを使います。ネジの溝には青い色が着色してます。これが緩み防止剤と思われます。

ネジ

最後にレバーの上にカバーを付け、洗面台の下の止水栓を二つ開ければ完成です。

レバーが重い

試しにレバーを動かして水を出してみました。

するとレバーが重い!そういや引っ越してきたばかりの頃は、レバーがこれくらい重かったような気がします。年数が絶つうちに、レバーの動作部分がヘタってレバーが軽くなったんやね。それで水漏れが生じたのかもしれません。

レバー式水道

洗面用洗髪シングルレバー式混合栓カートリッジ交換のまとめ

カートリッジ交換後、水漏れは発生してません。上手く交換できたようです。やれやれ、これでスッキリしました。

カートリッジ交換は思ったより簡単でした。業者に頼まないでよかった。

また今回、自分でカートリッジを交換し、修理できたことで、家族の中では父親としての株が上昇中です!

ちなみに、この記事を参考ににカートリッジ交換する場合は、自己責任で。自信がない場合は、業者に頼むのがよいでしょう。

【水道トラブル】トイレ詰まり・水漏れ!年中無休、安心価格で全国素早く対応