スポンサーリンク

圧倒的な恐竜模型とその種類!福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館に行った続きです。福井恐竜博物館は、世界では「世界三大恐竜博物館」と呼ばれていることに納得できるほどのスケールの恐竜博物館でした。

福井県立恐竜博物館

恐竜が好きな人はもちろん、恐竜にあんまり興味がない人でも楽しめる博物館だと思います。もちろん、もと恐竜好き少年の自分は、思いっきり堪能できることができました。



Sponsored Links


えちぜん鉄道で行くなら、「恐竜博物館セット券」がお得

車ではなく、えちぜん鉄道で行くなら、バスとえちぜん鉄道が乗り放題で入場券付きの「恐竜博物館セット券」(2120円)がお得です。

恐竜博物館セット券

自分はえちぜん鉄道の福井駅で購入しました。

タイムトンネルで太古に戻ったかのような演出

勝山市の山の中に現れる大きなドームが印象的な福井県立恐竜博物館。中に入ると、超長いエレベーターで下に下りていきます。

これがまるでタイムトンネルを通って太古の世界に戻ったかのような演出でした。

福井県立恐竜博物館

下に降りると音声ガイド端末をレンタルしているので、じっくり説明を聞きながら館内を歩きたい方は借りるといいと思います。有料です。

降りて歩くと、両壁に化石が展示。本物の化石は、ワクワクさせますね。

福井県立恐竜博物館

化石_福井県立恐竜博物館

突き当たりに恐竜の化石、階段を上がるとT-レックス(ティラノサウルス)が出迎えてくれます。リアルな動きは小さな子供を恐怖に陥れてましたwww

T-レックス_福井県立恐竜博物館

圧巻の44体もの恐竜骨格

恐竜骨格の標本44体は圧巻。特にブラキオサウルスの標本骨格のスケールには感動しました。映像で観るのと、リアルに観るのでは大違い。こんな大きな生物が、地球上を歩いていていたなんて信じられません。

ブラキオサウルス

こんな巨体をどうやって支えていたんでしょうね。骨ってこんなに丈夫なのだろうか?不思議。

他にも、ティラノサウルス、アロサウルス、トリケラトプス、アンキロサウルス、ステゴサウルスなど有名どころの恐竜もわんさか。

福井恐竜博物館

テンション上がって、写真撮りまくりました!

T-レックス_福井県立恐竜博物館

恐竜骨格標本_福井県立恐竜博物館

恐竜骨格標本_福井県立恐竜博物館

恐竜骨格標本_福井県立恐竜博物館

恐竜骨格標本_福井県立恐竜博物館

恐竜骨格標本_福井県立恐竜博物館

マンモス_福井県立恐竜博物館

ランチはレストランで

恐竜博物館の中にはレストランがあります。気軽に食べれる感じのレストランで、恐竜博物館だけあってメニューは恐竜がモチーフ。恐竜好きの子供は大喜びしそう。

レストラン_福井県立恐竜博物館

今回はDinoガオガオチーズドッグというのを注文。520円でお手ごろ価格。

Dino ガオガオチーズドッグ_レストラン

良く見るとパンが恐竜っぽい。

Dino ガオガオチーズドッグ

お皿には恐竜のデザイン。

レストラン_福井県立恐竜博物館

お土産ショップには恐竜グッズがたくさん

もちろん、お土産屋さんも中にあります。恐竜グッズがたくさん置いてありました。

お土産屋_福井県立恐竜博物館

お土産_福井県立恐竜博物館

お土産_福井県立恐竜博物館

お土産_福井県立恐竜博物館

お土産_福井県立恐竜博物館

お土産用に買うよりも、自分用に買いたいくらいです。

恐竜博物館の所要時間は?

恐竜博物館の所要時間は、館内をサッと回るだけなら1時間もあればOK。ただし、写真も撮りつつ、じっくりと回って、お土産もゆっくりと物色したいなら、3時間以上はみておいた方がよいかもしれません。

自分の場合、テンションが上がっていたのか、12時くらいに入場し、17時の閉館まで居ました・・・。

まとめ

これだけの恐竜の標本を見たのは初めてだったので、感動ものでした。子供の頃に来てたら、もっと感動が大きかったかもしれません。自分の子供が恐竜に興味があったら、一緒に来てみたかった。

自分が行った日は、天候も悪く、春休みの最終日だったためか、程よい混み方でした。GWや夏休みはもっと混むかもしれません。時間に余裕を持って行くのがいいでしょうね。

【福井県立恐竜博物館】

住所:福井県勝山市北谷町杉山

福井県立恐竜博物館