スポンサーリンク

【映画】傑作!コンフィデンスマンJP(ロマンス編)の感想

映画版のコンフィデンスマンJP(ロマンス編)を映画館で観てきました。

コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX

ロマンス編も傑作!期待通りにどんでん返しからのどんでん返し。

さすがオモロイですね!



Sponsored Links


コンフィデンスマンJPは詐欺師の映画

コンフィデンスマンとは英語では”confidence man”と書き、信用詐欺師の意味らしい。

内容はまさに詐欺師の映画。主役が詐欺師。詐欺師の映画なのですが、暗い感じではなく明るいストーリー。

腕利きの詐欺師が一般人を騙すのではなく、悪い奴らの大金を騙し取るので、不快感が一切無く、爽快!

コンフィデンスマンJPは、もともとは2018年にドラマで放送されていて、映画は2作目。ドラマ終了後、1年弱で2作も映画化されているので相当人気であることがうかがえます。

確かに今回2作目の「コンフィデンスマンJP(ロマンス編)」も大ヒット中とのこと。

想像以上のスケールのでかい詐欺で最後の最後のどんでん返しが気持ちいい

今回の「コンフィデンスマンJP(ロマンス編)」を観ようと思ったのは、地上波で1作目の「コンフィデンスマンJP(運勢編)」を観てハマってしまったから。

「コンフィデンスマンJP」のドラマは観たことなく、最近までまったく興味がなかったのですが、1作目の映画「コンフィデンスマンJP(運勢編)」がめちゃ面白く、最後のどんでん返しが凄く爽快。

これで「コンフィデンスマンJP(ロマンス編)」を観ようと決めました。

今回も映画の中では騙されて騙されましたが、面白さの期待は裏切られることはなかったです。

詳細を書くとネタバレとなってしまうのでやめておきますが、ざっとしたあらすじはこんな感じ。

舞台は香港。ダー子たちが狙うは香港のマフィアで氷姫との異名を持つ女帝ラン・リウの世界最高のダイヤ。

ここに天才詐欺師のジェシー、日本ヤクザの闇の帝王・赤星栄介が絡み、騙し、騙され、黙られる展開に。最後はダレもが納得行くエンディングに。

まとめ

「コンフィデンスマンJP(ロマンス編)」は超オススメです。家族で行ったのですが、皆、大満足でした。

ちなみに「コンフィデンスマンJP」のドラマ版は動画サイトなどで視聴可能です。

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】