スポンサーリンク

エアKの打ち方

今話題のテニス選手、錦織圭選手の必殺技?エアKの打ち方を習ったのでメモします。

実戦につかえるかは別として、コツさえわかれば一般のテニスプレーヤーでもエアKが打てそうです。



Sponsored Links


エアKとは、空中に飛んで打つフォアハンド。高い打点で打てるので敵の時間を奪うメリットがあります。実戦で使うには疑問はありますが・・・。

エアKの打ち方ですが、右利きの場合、右足は宙に浮かせておき、左脚の片足のみで空中に飛びます。

空中に飛んでフォアでボールを叩き込むのですが、ラケットを振るときの右脚の使い方がポイント。

ラケットを前にスイングする際に、右脚は後方に蹴るように動かします。右脚を後ろに動かす反動で、ラケットの前へのスイングがスムーズになり、ヘッドスピードがアップするというわけです。

右脚を後ろに蹴るので、左脚でジャンプする前に、右ひざを若干、左脚より前に出しておくと、右脚を後方に蹴りやすいようです。

練習してみたのですが、打点への入り方と打つタイミングが結構難しかったです。

テニスの試合の実戦で自信を持って使うには、かなり練習が必要かな。