スポンサーリンク

THE MANZAI 2014の感想、優勝は博多華丸大吉

THE MANZAI 2014はベテラン漫才師の博多華丸大吉が優勝でした!

勢いで若手が優勝するかと思ってましたが、ベテランの巧みな芸で博多華丸大吉の貫録勝ちって感じでした。



Sponsored Links


今回のTHE MANZAI 2014、
Aグループは、2丁拳銃、エレファントジョン、アキナ、磁石の戦い。

2丁拳銃は、お金持ちになりたいがテーマ。一捻り欲しかった。

エレファントジョンは、左側のがってん森枝がうざい感じでいいキャラしていた。Hi-Hiを思い出した。

アキナは、もともとトリオでやっていたんですが、いろいろあって現在コンビで活動を始め、THE MANZAI決勝戦へ。漫才は、部活をやめようとする部員を引き止めるという話。コンビでのスタイルを確立してますね。ノンスタイルの漫才に似ている。面白かった。

磁石のネタは好きなんだけど、国民ワラテンは1位。まぜか審査員受けしなかったなぁ。

Aグループは、アキナがファイナルラウンドに進出。

Bグループは、トレンディエンジェル、馬鹿よ貴方は、囲碁将棋、学天即の戦い。

トレンディエンジェルは自虐ネタで盛り上げますね!勢いあり。

馬鹿よ貴方は、個性的な漫才。スローペースの漫才なだけに、ネタが重要。

「ほらこっち来ちゃだめだよ。あっちにおやつあるから」「お子さんですか?」「ゴキブリです」

は、かなりウケました!

囲碁将棋はお風呂のネタ。下ネタだったので賞レースで勝ち抜けるのは厳しいね。ある意味哲学的で面白かったけど。

学天即は、自分の本命。ナポレオンと尾崎豊のくだりは面白かった。ネタも面白いのに、もっとウケてもいいと思ったけど・・・。

国民ワラテンは囲碁将棋だったけど、勝ちぬけは勢いのあったトレンディエンジェル。笑いが分かりやすかったのか。

学天即に期待したけど残念。

Cグループは、和牛、博多華丸・大吉、ダイアン、三拍子の戦い。

和牛は、言葉の間違いをしつこく説教する漫才をぶっこんできましたね。よく練られていて面白いんだけどなぁ。

博多華丸・大吉は、ベテランらしい漫才。ユーチューバーがテーマ。歳を重ねて味が出てきたなぁ。

ダイアンは職務質問の漫才。ボケがとっぴ過ぎた。リアリティの低さが笑えなかったのかも。

三拍子は、ワイルドカードからの敗者復活。誰もが答えられるクイズとは・・・斬新!面白い。ネタにリズムがあり勢いもあった。

国民ワラテンは博多華丸・大吉。勝ちぬけも博多華丸・大吉。

個人的には、Cグループは三拍子だった。博多華丸・大吉の漫才は、年代的に審査員が好まれるのかも。ちなみに、巨人は三拍子だった。

三拍子の次に期待。

ファイナルラウンドは、アキナ、トレンディエンジェル、博多華丸・大吉の戦い。

アキナは、雪山の遭難の漫才。テンポもよく安定している。

トレンディエンジェルは音楽の漫才。スピード感あって楽しい漫才。

勢いのあったトレンディエンジェル。笑いが分かりやすかったのか。

博多華丸・大吉は、宴会の漫才。こんなおっさんいそうなあるあるネタ。十八番ネタなんですかね。何度か観たことあります。何度観ても面白い。

で、優勝はベテラン漫才師の博多華丸・大吉!

最終ラウンドの 判定には納得。ぶっちぎりの優勝でした。

博多華丸・大吉、博多時代から知ってますが、漫才上手くなったなぁ。

博多弁の漫才は不利だと思ってましたが、見事跳ね除けましたね!素晴らしい。

博多華丸・大吉の若手の頃は、失礼ながら、観るのが恥ずかしい感じの漫才だった記憶がありますが、歳を重ねるごとに味が出てきて、面白くなった。安定感は抜群。

博多華丸・大吉の漫才は若い頃には合わないスタイルで、博多華丸・大吉の漫才に華丸大吉の年齢が追いついてきたって感じでしょうか。

漫才は、自分たちの年齢に合わせるっていうのも大事なんでしょうね。

博多華丸・大吉の番組はどんな番組になるんでしょうか?福岡の芸人達を呼んでほしいですね。

THE MANZAI LEGEND DVD-BOX 1980 笑いの覚醒~1982 笑いの飛翔 吉本興業創業100周年記念版