【懐かしの漫画】 飯森広一のレース鳩0777

スポンサーリンク

飯森広一のレース鳩0777(レース鳩アラシ)と聞いて、ピン!と来る人は何人いるだろうか・・・

レース鳩0777

レース鳩をテーマにした珍しい漫画でした。



Sponsored Links



レース鳩0777は、 動物に関する漫画を得意とする飯森広一先生の代表作の漫画になるんでしょうか?1978年から1981年にかけて週間少年チャンピオンで連載されており、こちらの漫画は親戚の家にあった単行本を読んで知りました。

この頃ってレース鳩の競技が流行っていたんですかね。最近、レース鳩の競技を見たり聞いたりしませんが、競技はやっているようです。

レース鳩0777(アラシ)のあらすじは・・・

ある日、物語の主人公である森山次郎は空から落ちてきた一羽の鳩を拾う。「0666」という文字が刻まれた足輪をつけたそれはただの鳩ではなく、黒田官兵衛の飼っている名鳩グレート・ピジョン号であった。ジフテリアにかかり弱っていたグレートを次郎は必死に介抱し、その結果グレートは一命をとりとめる。黒田はそのお礼に次郎にグレートの子供のうち片方を授け、次郎は相棒の「0777」の足輪をつけたアラシ号と共に鳩レースに参加し、様々な出来事や出会いを通してひとりの鳩レーサーとして心身共に成長していく。これはレース鳩を愛する人々と、大空を羽ばたく鳩たちとの友情の物語である。

レース鳩0777 – Wikipediaより

登場する鳩が個性的で魅力的。レース鳩ってこんな奥の深いレースなのかと子供の頃に思い、レース鳩やってみたいなぁーとずっと思ってました。

街にいる鳩を毛嫌いする人も多いですが、レース鳩0777を読んでいたので、鳩には愛着があり、嫌いにはなれませんね。

親戚の家にはレース鳩0777は全巻揃っておらず、未だに全巻を読破できてませんが、機会があったら読んでみたいと思ってます。

もちろん、近所のブックオフなどには置いてなく、調べてみると、Amazonや楽天市場、ヤフオクにはあるようですが、単行本で買うのはちょっと抵抗あり・・・

レース鳩0777 Amazon

レース鳩0777 楽天市場

レース鳩0777 ヤフオク

残念ながら古い漫画だからなのか、電子書籍の販売はなさそう。

こんな古くて名作の漫画こそ、電子書籍で販売して欲しいです。大人になってもう一度読みたいと思っている人は多いと思うんですけどね。

コメント

  1. 通りすがり より:

    7年前にeBookJapanで販売してましたよ。

    • ぢゃいろ より:

      コメントありがとうございます。

      できればKindleで購入したいんですよねぇ。