摂津峡公園へのバスのアクセスと自動車の駐車場

去年(2020年)の12月から今年(2021年)の1月にかけて高槻の摂津峡公園へ数回行って野鳥撮影に挑戦してみました。

 

結果は、まずまずの鳥果でした。

 

摂津峡公園へ行く際に、摂津峡公園にどう行けばよいのか色々と調べましたので、まずは摂津峡公園までのバスのアクセス方法と自動車を使う場合の駐車場を紹介します。

(野鳥の写真もアップしようと思いましたが、アクセス方法が長文となりましたので野鳥の写真は次回の記事のお楽しみということで)

 

摂津峡公園へバスの利用

摂津峡

 

摂津峡は駅から離れているので、バスを利用するか自動車で行くかになります。

 

頑張れば駅から歩いて行けないこともない距離ですし、駅でレンタサイクルを借りるという手もありますが。

 

私は、バスの利用と自動車とどちらも使ってみました。

 

高槻の摂津峡公園へ公共交通機関を利用するならば、JR高槻駅からバスに乗るコースと、JR摂津富田駅からバスに乗るコースがあります。

 

JR高槻駅からバスに乗るコースの停留所は摂津峡公園のふもとに、JR摂津富田駅からバスに乗るルートは摂津峡公園の山の上に停留所があります。

 

個人的には、摂津峡公園の散策や野鳥撮影のためにバスを利用するならば、摂津峡公園の山の上にある西の口停留所で下車するのがオススメです。

 

摂津峡公園のふもとのバス停留所

公式サイトでは、JR高槻駅で下車するならば、JR高槻駅北口「2番のりば」から摂津峡下流(下の口)のバスのコースとJR高槻駅北口「1番のりば」から摂津峡上流(上の口)へ行くバスのコースが紹介されています。

 

下の口には、塚脇 行き→塚脇停留所下車と下の口 行き→下の口停留所下車があります。下の口停留所の方が近いですが、本数がほとんどありません。

 

塚脇停留所下車からは歩いて10分ほどとのことです。

 

 

上の口停留所で下車は、上の口行きもしくは原大橋行きの2系統があります。ただし上の口停留所からの摂津峡公園へ歩くルートは道が若干険しいので、オススメは下の口停留所下車もしくは塚脇停留所です。

 

ちなみに、三好の里バーベキューガーデンの最寄りの停留所は下の口停留所および塚脇停留所です。

 

もう一つ、公式サイトには載っていませんが、JR高槻駅北口「5番のりば」から「平安女学院・関西大学」行きで西之川原橋停留所で下車するバスコースもあります。

 

意外と西之川原橋の方が便利かもしれません。ま、お好みで。

 

摂津峡公園の山の上の停留所

JR摂津富田駅からのバスは、JR富田駅北(1番乗場)から 「関西大学」 「萩谷」 「萩谷総合公園」 行きになります。下車は西の口停留所。

 

西の口停留所は摂津峡公園の上の方にあります。

 

摂津峡青少年キャンプ場に近い停留所で、また展望台までアップダウンが少なくて楽に歩いて行けるので、山の眺望を楽しむのが目的ならば西の口停留所下車がオススメです。

 

ただし、芥川の川辺まではちょっと遠いです。

 

JR高槻駅から西の口停留所に行くには、JR高槻駅北(5番乗場)から 「関西大学」 行きのバスに乗ります。ちなみに、途中で西之川原橋のバス停で降りると山のふもと側から歩いて行くことができます。

 

摂津峡公園のオススメの駐車場

自動車で行く場合、摂津峡公園のオススメの駐車場は2か所。

 

一つは摂津峡公園すぐ近くの摂津峡公園下の口駐車場。1日1000円。

 

 

もう一つはあくあぴあ芥川の駐車場。こちらは1時間100円で1日最大400円とお安め。ただし、摂津峡までちょっと遠いです。と言っても歩いて行けないことはありません。

 

 

あくあぴあ芥川の駐車場から摂津峡へ歩いて行くルートは、芥川の川沿いに歩くのがオススメ。

 

芥川にも結構野鳥がいるので楽しめます。川を眺めながら歩いていくと、あっという間に摂津峡公園へ到着します。

 

芥川には、あくあぴあ芥川の中を通って降りていくことができます。

 

駐車場は営業時間外は駐車できません。また休みの場合もあるので公式サイトでご確認下さい。

 

摂津峡公園

あくあぴあ芥川

 

まとめ

バスで行くなら、個人的には西の口停留所下車か西之川原橋停留所下車がオススメ。

 

自動車で行くなら、摂津峡公園下の口駐車場かあくあぴあ芥川の駐車場を利用するのがオススメです。

コメント