淀川河川敷(枚方地区)の野鳥撮影の鳥果!ハヤブサの撮影に成功!

今回は淀川河川敷で野鳥撮影。淀川河川敷といっても広いですが、今回は枚方地区の河川敷。

 

淀川河川敷

 

枚方地区の淀川河川敷の野鳥撮影は初めてのトライ。初心者カメラマンの腕では多種の野鳥を写真に収めることはできませんでしたが、野鳥が豊富で驚きました。

 

後半に写真を載せてますが、ハヤブサを初めて見て撮影できたのが今回の最大の鳥果!

 

野鳥撮影の場所

淀川河川敷

淀川河川敷

 

野鳥を撮影した淀川河川敷枚方地区は枚方大橋の東側になります。枚方スタジアムの北東にたくさんの木々やヨシっぽい草が生い茂り、いろんな野鳥が鳴いていました。

 

この辺りが、通称、野鳥通りと呼ばれている場所なのでしょうか?

 

駐車場は無料なので、たっぷりと野鳥撮影を堪能することができました。

 

【淀川河川敷枚方地区】

大阪府枚方市三矢町

 

淀川河川敷枚方地区で撮影した野鳥たち

以下、今回の淀川河川敷枚方地区で撮影した野鳥たちです。

 

まず出迎えてくれた野鳥がお馴染みのメジロ。

淀川河川敷のメジロ

メジロ

淀川河川敷のメジロ

メジロ

 

地面でカサコソと音がしたので見ると、シロハラがいました。

淀川河川敷_シロハラ

シロハラ

 

街中でもお馴染みのムクドリ。淀川河川敷にもたくさんいました。

淀川河川敷のムクドリ

ムクドリ

淀川河川敷のムクドリ

ムクドリ

 

モズです。野鳥撮影を始めて気付きましたがモズは結構どこにも居ますね。

淀川河川敷のモズ

モズ

淀川河川敷のモズ

モズ

 

下の野鳥はおそらくカワラヒワ。集団で居ました。

淀川河川敷のカワラヒワ

カワラヒワ

淀川河川敷のカワラヒワ

カワラヒワ

 

下の野鳥はホオジロ。必死に鳴いてアピール中。いい声で鳴きます。

淀川河川敷のホオジロ

ホオジロ

 

下のサイトでホオジロのさえずりを聴くことができます。

ホオジロ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動 (suntory.co.jp)

 

こちらはツグミ。

ツグミ

ツグミ

 

鴨などの水鳥たちもたくさん居ました。

淀川河川敷_水鳥

水鳥

 

下の野鳥はオオバン。オオバンも色んなとこで見ることができますね。

淀川河川敷のオオバン

オオバン

 

お馴染みマガモ。

淀川河川敷のマガモ

マガモ

 

こちらもお馴染みのアオサギとコサギ。

淀川河川敷のアオサギ

アオサギ

淀川河川敷のコサギ

コサギ

 

サギ類と同様に水辺でよく見るハクセキレイ。軽やかに歩いていました。

淀川河川敷のハクセキレイ

ハクセキレイ

 

ヒーヨ、ヒーヨとどこでもうるさく鳴いてるヒヨドリ。

淀川河川敷のヒヨドリ

ヒヨドリ

淀川河川敷のヒヨドリ

ヒヨドリ

 

シジュウカラも色んな場所に出現。

淀川河川敷のシジュウカラ

シジュウカラ

淀川河川敷のシジュウカラ

シジュウカラ

淀川河川敷のシジュウカラ

シジュウカラ

 

今回の大物、ハヤブサ。鉄塔の上に居ました。

淀川河川敷のハヤブサ

ハヤブサ

淀川河川敷のハヤブサ

ハヤブサ

鉄塔の上のハヤブサまでかなりの距離がありましたが、OM-D E-M5 markⅢ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3と更にデジタルテレコン(デジタル倍率)を駆使し(換算800mm)でなんとか撮影できました。

(写真は更にトリミングしたものです)

 

最後はスズメ。

 

淀川河川敷のスズメ

スズメ

淀川河川敷のスズメ

スズメ

 

淀川河川敷枚方地区の野鳥撮影のまとめ

淀川河川敷

淀川河川敷

 

淀川河川敷枚方地区は自然が豊富で色んな野鳥が居ました。この日はアリスイも居ましたがカメラの腕前が下手なので撮影できませんでした・・・残念。

 

淀川河川敷にはキジも居るようなので、今度はキジの撮影にも成功したい。

 

今回の写真撮影のカメラとレンズは、オリンパスのOM-D E-M5 markⅢM.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3を使用。

 

一部の写真はトリミングしています。

 

野鳥を調べた野鳥図鑑は、平凡社の「決定版 日本の野鳥650」と文一総合出版の「鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670第3版」。それと今回は、誠文堂新光社の「日本の野鳥識別図鑑」を使用。

 

【関連記事】

摂津峡近くの芥川の野鳥撮影

摂津峡公園の野鳥撮影の鳥果

淀川河川敷で野鳥撮影

オリンパス OM-D E-M5 markⅢで撮影した写真まとめと使用レビュー

神戸市立王子動物園のブログ記事のまとめ

 

コメント