GW京都で話題の檸檬ラーメンを食べに!待ち時間は1時間半

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GWに京都にある「祇園麺処むらじ」の「檸檬ラーメン」を食べに行ってみました。

 

京都

 

店の前に行列ができていて、並ぶのに若干くじけそうになったが、折角来たので、やっぱり並んで「檸檬ラーメン」を食べてみることに。

 

「祇園麺処むらじ」は祇園にあって、阪急河原町駅から歩いて10分ほど。

 

GWのお昼ということもあって、観光客がめちゃくちゃ多くて、人を避けながら進むので「むらじ」へはもっと時間がかかった感じだったけど。

 

お昼の13時くらいに到着。さすがにお昼時なので覚悟はしていたが、見かけそんなに行列は長くない。でも並ぶと席に着けるまで約1時間半もかかってしまった。

 

「むらじ」の外観はとてもラーメン店と思えない造り。一見、日本料理店のような感じ。京都の景観に合っている。

 

祇園面所むらじ

 

天候が崩れそうで、傘を持っていなかったので、やばかったが、何とか店の中に入れた。

 

店の中に入ると、ラーメンを食べる部屋が2階になっていて、階段もずらりと行列が。

 

階段は狭く、食べ終わった人用に別に出口のルートがあるのかなと思ったが、入口、出口ともに同じ階段でした。観光で大きな荷物を持っている人は要注意です。

 

階段を上がると、テーブルのある広い部屋があり、そこに大きなテーブルが2つ。テーブルを囲んで食べる、通常のラーメン店とはちょっと違った造りでした。

 

奥にカウンター席があるような感じでしたが、確認はできていません。

 

人気No.1のメニューは、実は「檸檬ラーメン」ではなく、「鶏白湯塩ラーメン」らしい。

 

祇園麺処むらじ_メニュー

 

でも、注文はもちろん「鶏白湯 檸檬ラーメン」。

 

スープは鶏白湯なんですね。麺は濃厚スープに沈んでおり、スライスされたレモンが数枚上に乗っていた。トッピングはチャーシューとメンマ。

 

祇園むらじ_檸檬ラーメン

 

箸でレモンを潰して食べるらしい。

 

まずスープだけ飲んでみた。結構濃厚。レモンなくてもイケル。

 

麺はストレートの中細麺。

 

祇園むらじ_檸檬ラーメン

 

レモンを潰してスープをすすると、レモンのクエン酸の酸味が効いて、これまで食べたことのないスープの味に。

 

2度楽しめるって感じ。

 

食べ進むと、レモンが邪魔。スープの中のレモンを取って置ける皿があれば食べやすいのに、と思いました。

 

「檸檬ラーメン」を食べてみて、個人的には1時間以上も並んでまで・・・、とも思ったが、一度は食べてみる価値は十分にありました。

 

人気No.1の「鶏白湯塩ラーメン」も食べてみたい。

 

【祇園麺処むらじ】

京都府京都市東山区清本町373-3

祇園麺処むらじ 食べログ

 

コメント