スポンサーリンク

映画ジュラシック・ワールド 炎の王国を観てきた感想

ジュラシック・ワールド ヴェロキラプトル ブルー

待ちに待った映画、ジュラシック・ワールド 炎の王国を観てきました。

ジュラシックシリーズの映画は、毎回新作が出るたびに映画館に足を運んで観ています。1作目のジュラシック・パークは、映画館で3回観たような。それほど衝撃的で、面白かった。



Sponsored Links


ジュラシック・ワールド 炎の王国のあらすじ

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」は、前作の「ジュラシック・ワールド」から3年後の世界を描いています。

前作「ジュラシック・ワールド」では数種類の恐竜のDNAをかけあわせたハイブリッド恐竜、インドミナス・レックスが脱走し、イスラ・ヌブラル島のテーマパーク、ジュラシック・ワールドが壊滅。その後、イスラ・ヌブラル島は恐竜が野生化し、恐竜の島に。

3年後の世界では、イスラ・ヌブラル島の火山が活発化。人間界では、自然のままに恐竜たちを見捨てるのか、恐竜たちを島から救うのか決断を迫られる。

そんな中、ジュラシック・ワールドのテーマパーク運営責任者のクレアが恐竜行動学のエキスパートのオーウェンを誘い、恐竜を救うべく、イスラ・ヌブラル島へ向かう・・・。

炎の王国を観てきた感想

ということでジュラシック・ワールド 炎の王国の感想です。

クレアとオーウェン達がイスラ・ヌブラル島に着いた後、火山が活発化するんですが、火砕流、火山弾はCGぽかった。でも恐竜たちと逃げ惑うシーンは迫力あり。

逃げ遅れた恐竜のシーンは泣けてしまいました。

今回の「ジュラシック・ワールド 炎の王国」イスラ・ヌブラル島の火山島での話しなのかと思っていたんですが、イスラ・ヌブラル島での話は前半で、炎の王国の肝のストーリーは後半でした。

CMのイメージが強かったんでしょうね。

話の展開的には、ロストワールド(ジュラシック・パーク2)に似てますね。

後半部分は更に暗い話になってました。まさかこんな展開になるとは。

今回のラストシーンは、続編のジュラシック・ワールド3の製作を意識した終わり方ではないのかと思いました。

イスラ・ヌブラル島の恐竜たちもどうなったのか気になりますしね。

次回作のジュラシックシリーズ、楽しみに待っていよう。