コーヒーは酸性だった!虫歯に注意

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日テレビを観てたら、虫歯と歯周病に関する番組をやっていた。

 

食べ物を食べると口の中が酸性になり、歯を溶かすのだそうです。

 

食材によってPHが違うので、1日に何杯か飲んでいる好きなコーヒーについて大丈夫か調べてみました。

 



Sponsored Links


コーヒーは中性だと思っていたら、なんと、pH5!

 

http://tooth-health.happy.nu/ph.html

 

pH5.5から歯が溶け出すそうなので、コーヒーの飲み過ぎは危険でした。

 

だらだらコーヒーを飲むのは歯にとって最悪でした・・・

 

コーヒーに砂糖を加えたら更にpHは酸性へ傾くんでしょうね、きっと。

 

コーラは思っていた通りpHが低く、レモン並みのpH2です!

 

一服するのに飲むならpH6の緑茶が良さそうです。

 

で、こんにゃくはなんとpH12とアルカリ性!

 

1番最後にこんにゃくを食べると歯が溶けにくくなるのかな?

 

食後のデザートは、こんにゃく???

 

ちなみに、食後すぐは口の中が酸性状態になっているので、歯ブラシで歯を磨くと歯を傷つけてしまう可能性があるそうです。

 

以前、ちょっと前のテレビでしたが、食後すぐに歯を磨いたときの歯の表面を顕微鏡で観察した画像が公開されてましたが、穴ぽこがたくさん空いてました。

 

歯磨きは食後30分以上経ってからがよいそうです。

 

どーしてかというと、唾液が口の中を30分ほどで中性にしてくれるからだそうです。

 

 

コメント