スポンサーリンク

【懐かしの漫画】 オモシロ格闘技漫画 コータローまかりとおる!

蛭田達也氏の漫画、『コータローまかりとおる!』。

コータローまかりとおる!

かなり面白くて、当時、はまってしまった格闘技漫画です。



Sponsored Links


連載は、週刊少年マガジン。

週刊誌は毎週買えないので、単行本を友達に借りたり、貸し本屋で借りて読んでいた記憶が・・・。

格闘技漫画のジャンルとはいえ、シリアスな格闘技漫画ではなく、コミカルでギャグっぽさがあり、明るい感じの漫画でした。

丁度、ジャッキーチェンの映画が流行りだした頃で、格闘技ブームで、その影響を受けたものと思われます。

(思い込みかもしれません・・・)

舞台が主人公の新堂 功太郎の私立鶴ヶ峰学園。超巨大なマンモス学園で、その巨大さがかなり斬新に感じました。

好きな話は、Dブロック編。超巨大なマンモス学園だからこそ出来た話で、最も血なまぐさい手に汗握るストーリーだったんじゃないかと思います。

『コータローまかりとおる!』が完結した後、『新 コータローまかりとおる! (柔道編)』が始まり『コータローまかりとおる! L』と続いたのですが、残念ながら『コータローまかりとおる! L』は未完。

作者の蛭田達也氏が病気で連載が休止したようなのですが、元気になられたら復活して欲しいです。

『コータローまかりとおる!』は、人気漫画だっただけに、今だAmazon楽天ブックスブックオフiconでも取り扱ってますね。

さすが!Kindle版もありました!