モンスターハンター・ザ・リアルの感想 USJユニバーサルクールジャパン2018

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モンスターハンター・ザ・リアル、武器を持ってハンターになれる!というCM。ファイナルファンタジーXRライドに匹敵するくらい期待してました。

 

USJ_モンスターハンター・ザ・リアル

 

去年のモンスターハンター・ザ・リアルがしょぼかったからなぁ、今年はと。

 



Sponsored Links


イメージ的には去年のUSJのドラクエのイメージ。部屋を進んで、モンスターをばったばったと戦う感じ。

 

そもそもモンスターハンターというゲームをやったことがない。なのでイメージだけが先行します。

 

ちなみに、1月26日にモンハンの新作、「モンスターハンター:ワールド」というゲームが発売されるようです。モンハンもやっぱり宣伝か・・・。

 

 

待ち時間は80分。まったく問題なしのレベルの待ち時間。

 

USJ_モンスターハンター・ザ・リアル

 

Qラインは外なので寒さ対策は万全に。晴天の場合、日向はマシですが日陰だとマジ寒いです。

 

中に入ると武器の説明を書いてあるシートを渡されます。なるほど、ドラクエと一緒のパターン。でも英語で書いてある・・・。

 

実は英語版と日本版があった。しばらくして気づいた。クルーさん、説明してくれればいいのに・・・。

 

武器は、大剣、ランス、ヘビィ・ボウガン、太刀の4種類。この4種類の中から武器を選択。

 

中に進むと、四角い箱のようなものを貰った。この箱の中のグリップを握って武器を扱うらしい。ここもドラクエと一緒。

 

こりゃ期待が高まります。

 

次の部屋で説明を受けつつ待機していると、次の大部屋へ移動。大画面があって、指定の場所に立って準備完了。

 

四角の箱の上げ方で、武器が4種類のどれかに変化します。画面には自分の姿と武器が映像化。素晴らしい!

 

するとモンスターが出現!!

 

モンハンやってないので何というモンスターなのか、「モンスターハンター」シリーズの人気モンスター「リオレウス」や、「モンスターハンター:ワールド」の新モンスター「ネルギガンテ」「アンジャナフ」だったらしい。

 

よし!攻撃!!と武器を振り回したのですが・・・

 

まったく攻撃できず・・・。あれ?あれあれ??

 

そもそも攻撃はできない仕様でした。

 

がっかり。

 

どうも武器を持ったゲストとモンスターのコラボ写真撮影というのがテーマのような感じでした。

 

う~ん、しょぼい。

 

勘違いしてた自分も悪いのだが、今回も期待はずれでした。

モンハンファンの人達は、モンハンのモンスターに思い入れがあるので、面白かったのかもしれませんが。

 

ちなみに撮影した写真は有料で購入も可ですし、無料でダウンロードも可です。

 

四角い箱を受け取るときにQRコードとパスワード付きのレシートを貰うので、スマホやPCから画像をダウンロードできます。これは新しい試みでよかったかな。

 

ちなみにQRコードのレシートですが、なぜかしわくちゃでした。はじめ、使いまわしているのかなと思ってしまった・・・。

 

【JTB】ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの旅

 

コメント