スポンサーリンク

ウインブルドン2019、優勝はジョコビッチ、錦織圭はベスト8、望月慎太郎が快挙!

2019年のウインブルドンも終わってしまいました。優勝はフェデラーを降してジョコビッチが優勝。

ウインブルドン

期待の錦織圭はベスト8止まり。

そしてウインブルドン・ジュニアでは16歳の望月慎太郎が優勝の快挙!



Sponsored Links


なんだかんだでいまだにビッグ3は強いですね!

優勝がジョコビッチでフェデラーが準優勝、ナダルがベスト4・・・。なんとも世代交代とはいかんもんですね。

錦織圭とフェデラーは準々決勝で戦ったのですが、1セット目は錦織圭が1ブレークして取ったものの、2セット目以降はフェデラーの強さを思い知らされました。

フェデラーはエラーも多かったものの、サーブが好調で、錦織にプレッシャーを与えたようで、錦織のサーブとストロークの精彩さが欠けていたように思います。

フェデラー vs ナダルは見てないですが、フェデラーの勝利。赤土では無双状態のナダルも芝ではフェデラーに勝てなかったか。7-6(7-3)、1-6、6-3、6-4という結果から、接戦だったような気もしますが。

フェデラー vs ジョコビッチは1セット目からテレビ観戦しました。

1セット目はタイブレークに持ち込んでジョコビッチが取ったものの、フェデラーの方がゲームを支配していてフェデラーの方が有利のように思えました。

観戦客もフェデラーの応援が多かったような感じ。

でもさすがジョコビッチ、押されているかに見せて、キッチリと大事なところでポイントを取る。

結局、5セット目まで縺れて、7-6、1-6、7-6、4-6、13-12でジョコビッチの勝ち。2年連続5度目の優勝。

フェデラーの常に攻撃する集中力も凄いし、守るジョコビッチの精神力にも感動を覚えた。

錦織がこの3人に勝つには、サービスはこれ以上パワーアップは望めないので、耐えうる精神力と体力を鍛えるしかないような気がする。

相手のサービスによるプレッシャーさえ跳ね除け、自分のサービスをキッチリキープできればグランドスラムでも勝機はあると思います。

・・・当たり前か。

一方、ウインブルドンジュニア。

16歳の望月慎太郎が優勝!日本人初の快挙とのこと。

錦織に続く逸材が遂に現われましたね!

ニュースでしかプレイを見れてませんが、プレイスタイルはオールラウンダーのような感じを受けました。サーブは見れてないですが、グランドスラムで優勝するには、やっぱりサーブ力が鍵かな。