テニスのリターンのコツ、ネット上にターゲットを決める

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テニスコート

 

久々、テニスのシングル戦をやりました。久々なんで、打てない、打てない。馴れるのに時間がかかりました。

 

ただリターンの調子が戻ったので、リターンのコツをメモとして残しておきます。

 

練習ではそこそこ打てるのに、久々の実践となると、あまりにもボールのコントロールが安定しません。

 

今回の対戦相手はバックハンドが弱かったので、相手のサーブをバックサイドにリターンして、ボールが甘く返って来たところをボレーで仕留めるという戦術を考案。

 

でも、なにせボールが安定してないのでバックサイドにボールが行かない。

 

ということで、リターンがコントロールできるようにと冷静に考えてみると・・・そういや漠然とバックサイドにリターンしていることに気づきました。

 

それで相手のネットのバックサイド側にターゲットを決めてリターンすると、結構良い確率でいい感じで相手のバックサイド側にボールが行く。

 

コツとしては、ネットの端を狙うのではなく、ネットの端とセンターの間に大きな○を頭の中でイメージして、そこを狙うこと。

 

デュース側のサーブの場合は下の赤い丸をターゲットに。

 

テニスリターン

 

アドンバンテージ側のサーブの場合は、クロスの場合は青い丸に、センターに来た時は白い丸に。

 

テニスリターン

 

 

コート床面を狙うのではなく、ネットの上に的を置くのがポイントです。あんまりギリギリの場所を狙うとアウトやネットするので、的は大まかに。

 

スピンをかけるのに自身がある人は、ネットのもうちょっと上を狙うと、相手はバックハンドで跳ね上がるトップスピンロブ気味のボールを打つことになるので、ミスや甘い球が返ってくる確率が上がります。

 

それで対戦結果なんですが、今回は接戦まで持ち込めたのですが、他のショットが安定せず、ミスを連発してしまい、残念ながら負けてしまいました。

 

次にシングルス戦をやる場合も、このリターンを忘れずに・・・。

コメント