フラットサーブのスピードアップの小手先の技術!人差し指を使うだけ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

硬式テニスのサーブの小手先の技術を紹介します。フラットサーブのスピードアップが期待できます。

 

テニスサーブ

 

今のフラットサーブよりも、もうちょっと速いフラットサーブを打ちたい人に効果的です。小手先の技なので、明日のテニスで実践可能です。

 

ポイントは人差し指を上手く使うこと。ボールが一伸びします。

 

ラケットのグリップの握りは、当然のことながらコンチネンタルグリップ。

 

コンチネンタルグリップは硬式テニスのサーブの基本です。コンチネンタルグリップでサーブを打ってない人は、まずコンチネンタルグリップに変えましょう。

 

ラケットのグリップをコンチネンタルグリップで握ったら、人差し指を中指から離し気味にし、人差し指をグリップに絡めるような感じで添えます。

 

この時、グリップを握るのは小指と薬指がメイン。軽い感じで握ります。ギュッと力を入れて握らないこと。中指もグリップに添えるような感じ。

 

そしていつものようにサーブを打ちます。

 

この時、ラケットでボールを打つ瞬間、人差し指でグリップをグッと一押しします。

 

人差し指でグリップをグッと一押しすることで、ラケットのヘッドスピードが瞬間的に上がり、打ったボールがグイッと一伸びします!

 

野球でボールを投げる際、ボールをリリースする瞬間に人差し指と中指にクッと力を入れますよね。するとシュッとボールに勢いがつきます。コレと同じ理屈です。

 

テニスの場合はラケットを握っているので、中指には力を入れず、人差し指のみに力を入れます。

 

しなった腕の先の指先に、全てのパワーが加わえるような感覚。

 

実は自分はこれまで人差し指を上手く使ってませんでした。人差し指を上手く使うようになって、1stサーブのサーブ力が増しました。

 

このサーブの打ち方は人差し指1本に負荷がかかるため、根元の肩に負担がかかりやすいようです。肩を壊さないように注意してください。

 

サーブのスピードをもう少しアップさせたいとお悩みの方、お試しあれ。

 

コメント