スポンサーリンク

ローボレーのコツ ボレーのコツ

テニスのローボレー、テニスでは乗り越えなくてはならない壁ですね!

試合に勝つテニス 鈴木貴男のサーブ&ボレーレッスン (LEVEL UP BOOK)



Sponsored Links


ローボレーとは、腰より下に来たボールを、下に落ちないうちにボレーで返すという比較的難易度の高いテニスの技術。

(下に落ちてバウンドしたボールをボレーするとハーフボレーになる)

ただボレーは当てて返すだけなので、コツさえ覚えればストロークより優しいかもしれません。

ボレーの握りはもちろん、コンチネンタルグリップ。

腰を曲げずに腰を落として構えます。

ラケットは腕と約90度を保つ。

でボールに向かってラケットは振らない。脚でボールに向かっていくイメージ。

ローボレーはネットより下でボールをボレーするため、ボールを持ち上げないといけませんが、ボールを上げようとラケットを上に上げようとすると失敗のもと。

ラケットの面の角度の調整でボールを上げます。

インパクトの面を上に向ければボールは上に上がります。

ボールが面に当たった後、ボールの下にラケットを滑り込ませるようにフォロースルーすると、いい感じで打てると思います。

この辺は練習でタッチ感覚を身につける必要あり。

ボレーマスター スクールコーチも絶賛!

グリップが厚い握り(ウエスタンやイースタン)だと、ハイボレーやミドルボレーではごまかして返せますが、ローボレーの場合は、厚いグリップはラケット面を上向きしにくいためにボールが上に上がりにくく、ネットを越えるのが困難です。

ちなみに、ボレーを磨きたいなら、普段からボレーのときの握りを早々にコンチネントルグリップにしておいた方がいいです。

らくらくテニスレッスンVol.4(シンプル&ナチュラルボレー) [DVD]