ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D体験記 ユニバーサル・ジャンプ・サマー2017

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ユニバーサル・ジャンプ・サマー2017では、まずドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-Dを体験した。

 

ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D

 

場所は、シネマ 4-D シアター。

 

 

朝イチで並んだら40分待ち。ストレスは大きくない範囲やね。結局、20分で中に入れた。早い!

 

シネマ 4-D シアターなので、3Dメガネをかけて観ます。時間は20分程度。

 

舞台は「超天下一武道会」。孫悟空、ベジータ、ピッコロ、クリリン、グレートサイヤマンが戦い、勝者がミスターサタンと闘うという流れ。そう簡単には事は運ばず、戦いの最中に最強の敵「ブロリーゴッド」が現れます。

 

ストーリーはありきたりかな。4-Dを活かしきれてなかったような。

 

まぁ、こんなもんでしょうか。

 

上映が終わった後、ショップまでの通路に孫悟空の絵の前でカメハメ波を出しているような写真が撮れるフォトスポットがあります。

 

ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D

 

ドラゴンボールファンは写真撮影をお忘れなく。

 

 

【JTB】パーク15分前に入場できるアーリー・パークイン

 

コメント