NHK大河ドラマ(2014)の軍師官兵衛が面白い!

いまさらですが、2014年今年のNHK大河ドラマの軍師官兵衛が面白い!

 

戦国人物伝 黒田官兵衛 (コミック版 日本の歴史)

 

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛、録画はしておいたものの、観る機会がなくて、最近観はじめました。

 

観はじめたら、面白くて止まらない!

 

ちなみに、軍師官兵衛とは黒田官兵衛(黒田如水)のこと。豊臣秀吉の軍師として活躍し、秀吉の天下取りに貢献した天才軍師です。

 

今回の大河ドラマでは、織田信長や秀吉はもちろんのこと、黒田官兵衛の主である小寺政職の優柔不断なところや、官兵衛のライバルで親友の竹中半兵衛の聡明なキャラ、宇喜田直家の性格悪そうな演出、脚本も俳優の演技もよくできた歴史ドラマだと思います。

 

人によって歴史上の人物のイメージは違うので、感想はそれぞれ違うとは思いますが。

 

毛利方と織田方の調略・駆け引きもリアルで面白い。

 

荒木村重が織田信長を裏切った理由も、違和感なく観れました。織田信長があまりにも合理的過ぎて、部下からは誤解と言うか恐れられていたということなんですね。

 

織田信長がただの残虐な性格ではなかったというのが伝わってきました。

 

また、主人公の黒田官兵衛は賢く冷静で野心家の人物と言うイメージがありましたが、義理堅く熱い一面があったというのは新たな発見でした。

 

さらに、黒田家に仕えていた子供時代の後藤又兵衛(後藤 基次)は黒田家を去りましたが、今後、どんな感じで絡んでくるのかが楽しみです。

 

徳川家康がまだ登場してないですが、徳川家康の登場も面白そうです。

 

ともかく、本能寺の変がまだ先のようですから、本能寺の変から関ヶ原の戦いまでは更に盛り上がるでしょうね。

 

コメント