関西風も広島風もお好み焼きのルーツはもんじゃ焼き?

ビーバップハイヒールという番組で、関西風のお好み焼きと広島風のお好み焼きを紹介してました。

 

お好み焼き

 

関西風お好み焼きも広島風お好み焼きも、ルーツはどーも関東のもんじゃ焼きにあるようです。

 

もんじゃ焼きは、もともと、江戸時代に、生地を鉄板で文字風に焼いた子供のおやつが発祥のようです。

 

これを「文字焼き」と言って、これが「もんじゃ焼き」と変化したそうです。

 

この「もんじゃ焼き」が地方に広がり、独自に進化していき、関西風お好み焼きも広島風お好み焼きが誕生したのだとか。

 

広島風お好み焼きの作り方は重ね焼きが特徴で、確かにもんじゃ焼きのような作り方に似てますね。

 

関西風のお好み焼きは、小麦粉と具材をかき混ぜた後に焼き上げます。

 

これは、関西のお客が自分で焼きたいという要望があり、素人でも簡単に焼けるようにするために、小麦粉と具材を混ぜて焼くようにしたのだそうです。

 

日本の食文化って調べるといろいろ面白そうですね。

 

B級グルメが流行ってますが、これらB級グルメからも更に独自に進化して新しい食べ物が登場するかもしれないですね。

 

コメント