ドラマ「テセウスの船」面白い!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマの「テセウスの船」が昨日最終回。誰が黒幕!?と毎回推理しながら視ていました。

 

テセウスの船

 

最終回で黒幕が明らかになって、ああやっぱりあいつか!と思ってしまったんですけども、時空を超えた親子愛も感じられ、ラストはハッピーエンドっぽいのだがそれが切なくなんとも言えない終わり方で、ある意味良かった。

 



Sponsored Links


「テセウスの船」はタイムスリップ系のサスペンスドラマ

「テセウスの船」とは東元俊哉 原作の週刊モーニングで連載していた漫画をドラマ化したもの。

 

父親の冤罪のために不幸のどん底に陥った家族の3兄弟の末末っ子である心が、タイムスリップし時空を超えて父親の冤罪を晴らそうタイムスリップ系のサスペンス。

 

1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。

 

父親が殺人事件の容疑者として捕まると、やはり家族はずっと不幸な人生を送ることになるんですね。

 

ドラマではかなりリアルに描かれています。捕まるまでは絵に描いた以上の幸せな家族だったのに。

 

家族のためにも犯罪は犯してはいけません。しませんが考えさせられますね。

 

過去にタイムスリップして冤罪で捕まる父親をどう助けますか?

タイプスリップは現実にありえることではないですが、自分が無罪の殺人犯の父親の息子として、過去にタイムスリップしてその父親にどう伝えますか?

 

結構難しいですよね。大量殺人犯として捕まるよ!なんて。そもそもが未来からタイムスリップしてきたなんて信じてくれんでしょう。

 

真犯人もわからない状態で犯罪を阻止するのも現実的にはかなり難しそう。未来から来た人間は身分も証明できないわけで、ちょっと間違ったら自分が逮捕されるかも。

 

「テセウスの船」の真犯人は狡猾で頭も切れる。

 

そんなこの田村心と父親の佐野文吾、真犯人とのやり取りも見どころとなってます。

 

最後に田村心があんなことになるとは。そしてラストシーン・・・う~ん切ない。

 

ドラマのラストには自殺したはずの心の兄である佐野慎吾が登場します。未来が変わったということ。まさか佐野慎吾役をあの人がやっていたとは・・・ちょっとサプライズでした。

 

 

ドラマ版の「テセウスの船」は漫画原作とは違う真犯人

漫画版の「テセウスの船」は読んでないのですが、実は原作の漫画版とドラマ版では真犯人が違うようです。

 

漫画版のラストがどうなったかも気になるところです。

 

 

コメント