iPhone7が圏外病を発症!その記録

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここ1週間ほど噂のiPhone7の圏外病が発生し、悪戦苦闘。

 

iPhone

 

新型コロナで混乱している中、スマホがつながらないと不安でたまりません。なんでこんな時期に!

 

完全に圏外になるのではなく、圏外になったり繋がったりを繰り返す現象。しょうがないので修理に持っていくことにしました。

 



Sponsored Links


iPhone7の圏外病はAppleでも認識

Appleでは、iPhone7がモバイルデータ通信のサービスエリア内でも圏外の不具合がでる機種として認識しています。

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム

 

対象となっているiPhone7のモデル番号は、日本のiPhone7の場合、A1779。無償の修理ができます。

 

ただし、全てのiPhone7を無償修理してくれるわけではなく、

 

Apple、Appleストア直営店や公式Apple 正規サービスプロバイダで、修理開始前に実機検査にてiPhone7が無償修理適用対象なのかどうかを検証し、修理対象機器と認められれば無償修理してくれるとのこと。

 

すべてのA1779のiPnone7を無償修理してくれよ!と言いたいところですが、そんな簡単にはいかないようです。

 

iPhone7の圏外病が起きるまで起きてから修理前までの記録

役に立つかわかりませんが、iPhone7の圏外病が起きるまで、起きてから、修理前までを記録として残しておきます。

 

IIjmioの格安SIMを使っている間は圏外病の不具合出ず

SONYのエクスペリアからiPhone7に変えたのが2017年の秋ごろ。

 

格安SIMはエクスペリアで使っていたIIjmio(契約はBIC SIM)をそのまま引き継ぎiPhone7へ。2017年秋から2020年の3月まで使用。この間、顕著な圏外病は発生せず。

 

UQ mobileの格安SIMを使いだして圏外病が発症

2020年の3月からUQ mobileの格安SIMに乗り換え。3週間ほどは問題なくモバイル通信は可能。

 

3月末頃から圏外病が発症。完全に繋がらなくなったわけではなく、圏外になったり繋がったりを繰り返す。

 

iPhoneの再起動やSIMを交換しても駄目

圏外病を発症してから、iPhoneの再起動やSIMカードの出し入れも効果なし。

 

当初はiPhoneの設定かSIMカードの不具合を疑っていたので、UQ mobileに電話で問い合わせ。いろいろとアドバイスを受けてiPhoneの設定を色々といじってみたのですが駄目。

 

設定の電話のところに電話番号の表示がないことから、UQのオペレーターの方によると「SIMカードに不具合があるのかも?」ということで、UQから新しいSIMカードを送っていただいた。

 

(UQのサポート体制はしっかりしてますね!)

 

 

新しいUQのSIMカードが届くまで、まだIIjmioの契約が残っていたので、IIjmio(BIC SIM)のSIMカードに差し換えてみると、なんとモバイル通信の接続が復活。

 

やっぱりUQ mobileのSIMカードの不具合か?と思ったが、20時間ほどでまた圏外に。

 

よってUQのSIMカードの影響ではなさそう。

 

結局、iPhone7を修理へ

新しいUQのSIMカードが届いたので、交換したがやっぱり繋がったり圏外になったりを繰り返す。しばらく様子を見たが、結局、繋がったり圏外になったり。

 

使いたい時に圏外になるのでまったく使い物にならん。

 

結局iPhone7は修理に出すことに。バックアップが面倒かつ不安なんだけどしょうがない。

 

まとめ

どうせ修理に出すならさっさと修理に出せばよかったです。

 

ただし、現在、新型コロナの影響でAppleストアは休業中なんですよね。ホント、こんな時に・・・。

 

公式Apple 正規サービスプロバイダは営業しているようなので、エキスポのららぽーとにあるカメラのキタムラで修理することにしました。

 

修理からバックアップの復元までの記録は次の記事で。

 

【関連記事】

コメント