キングオブコント2020はジャルジャルが悲願の初優勝!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日、キングオブコント2020が開催!

 

キングオブコント

 

優勝はジャルジャルがジャルジャルらしいコントを披露して、悲願の優勝を達成!

 

いつかは優勝してもおかしくないと思っていたジャルジャルのキングオブコント。挑戦して13年目というのに驚いた。

 



Sponsored Links


ジャルジャルの1本目のネタは至極の作品

キングオブコント2020のジャルジャルのコントのネタはめちゃ笑った。

 

競艇場で歌を歌う歌手が、競艇場のオッサンのヤジに負けないように、事務所の社長の前で練習するというネタ。

 

この事務所の社長が曲者で、競艇場のオッサンを仮定してヤジなのか本気で文句を言っているのか判断が難しいというのがポイント。

 

おそらく、今回のキングオブコントのコントの中で最も面白い内容じゃなかったんじゃなかろうか。

 

しかもジャルジャルらしいコントでした。

 

審査員の点数も477点と高得点でした。

 

2番目のネタも外さなかったジャルジャル

いつものジャルジャルだったら、2番目のネタは設定が飛び過ぎて外してしまう心配もありましたが、今回は2番目も手堅いネタでした。

 

でもジャルジャルらしいコント。

 

とある会社に夜に泥棒二人が盗みに入るというネタで、まぬけな後輩の泥棒がなぜかタンバリンを持ってくるという設定。オチもしっかり決まっていた。

 

点数は464点。他のファイナル2組と1点差とは言え、堅く点数を取得できました。

 

 

まとめ

おめでとうジャルジャル!

 

 

それにしてもジャルジャルにして、優勝するのに13年もかかったというのは、コント芸人の層の厚さを感じる。

 

ちなみに、個人的には今回のキングオブコントは例年に比べてインパクトに欠ける感じはありました。

 

でも、にっぽんの社長とロングコートダディはまた見たいというコントを披露していました。来年のキングオブコントに期待大!

 

コメント