テニスのサーブのスピードを上げるコツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テニスのサーブのスピードを上げるために、フォームを改良中です。

 

テニスのサーブのスピードを上げるコツは、やはりラケットダウンにあると思うのです。

 



Sponsored Links


テニススクールの上手な小学生を観ていると、それほど筋肉もなくスリムなのに、サーブのスピードがめちゃ速い小学生がいます。

 

なので、サーブのスピードは筋力だけではないと思ってます。

 

で、最近はラケットダウンを意識するようにしてます。

 

ボールをトスしたあとのラケットヘッドを背中側に下ろす動作です。

 

脱力してしっかりとラケットヘッドを落とすことで、ラケットがスムーズに振れて、随分とスピードがアップしました。

 

このラケットダウンのとき、力を抜いて落とすことと、肘を90度に保つのが重要です。

 

ラケットダウン後のラケットを振り出す時にも腕は脱力、肘から振り出す感じ。

 

グリップはもち、コンチネンタル。

 

もちろん、下半身と上半身を上手く連動させて、体全体でサーブできれば更にスピードアップが望めると思いますが、すぐにものにするにはちょっと難しい。

 

ラケットワークだけでもスピードがまったく違うので、まずはラケットワークをものにしたいと思います。

 

まだ安定してないですが、練習あるのみです。

 

 

コメント