【懐かしの漫画】ゲームセンターあらし ホビー漫画の走り?

Kindle版「ゲームセンターあらし」が無料で販売していたので、購入してみました。

 

ゲームセンターあらし

 

それにしても懐かしすぎる漫画。

 

 

「ゲームセンターあらし」とは、すがやみつる先生の漫画で、コロコロコミックで1979年から1983年まで連載されました。

 

連載前には、読みきりで2本。ブロックくずしの回とスペースインベーダーの回。しっかりと覚えてます。

 

特に大流行したスペースインベーダーをテーマにした回は、面白かった!子供だったのでインベーダーゲームできなかったんですよね。その代わりにあらしがインベーダーゲームをやってくれた感じ。それも凄腕で。

 

この読みきり2回目の反響がもの凄かったらしくて、連載が始まったようです。

 

すがやみつる先生は、「ゲームセンターあらし」の前に「F・1キッド」という漫画を連載していたらしいが、こちらはまったく記憶にない・・・。それだけ「ゲームセンターあらし」の衝撃は凄まじかったのでしょう。

 

そういえば、あらしのインベーダーキャップを頑張って買ったっけなぁ。

 

ゲームセンターには行けなかったですが、「ゲームセンターあらし」を読んで新しいアーケードゲームの情報を得てました。

 

連載の前半はゲームの攻略の話なんかも多く読み込めたのですが、後半は必殺技が過激化していくと同時に話のスケールが大きくなり、残念ながらゲームの漫画っぽくなくなってしまった。

 

最終話はあまり記憶にないのですが、いきなり終わってしまったような記憶があります。

 

記憶では、「ゲームセンターあらし」はホビーをテーマにした初めての漫画で、この後、チョロQやミニ四駆などのホビー漫画に続いたと思われ、「ゲームセンターあらし」が漫画界に与えた影響は大きかったと思われます。

 

「ゲームセンターあらし」は別冊コロコロコミックや小学館の学年別学習雑誌各誌にも掲載されていたようで、自分が知らない話も多数あるようです。

 

現在、Kindle版「ゲームセンターあらし」1~2巻が無料で、3巻以降は100円で販売してました。スペースインベーダーやギャラクシーウォーズなどの懐かしいゲームや炎のコマや月面宙返りなどの必殺技が懐かしく、目頭が熱くなりました。

 

【ゲームセンターあらし】

Kindle版 ゲームセンターあらし

 

コメント