Amazon Kindle Unlimitedには絶版漫画を導入すればいいんじゃないか

大々的に始まったアマゾン キンドルの月980円の読み放題サービス、「Amazon Kindle Unlimited(アマゾン キンドル アンリミテッド」。予想以上に反響が大きすぎて、1週間後、人気タイトルの本が大幅に削減されたのはご承知の通り。

 

Kindle Paperwhite

 

アマゾンが支払う著作権料が予算額を上回ってしまって、人気タイトルの一部を削減したようです。

 

 

Amazon Kindle Unlimited」は、実際に読まれたページ数に対して出版社に料金が支払われる仕組みのようで、読まれれば読まれるほどアマゾンが支払う金額が増加します。

 

なので漫画文化が発達した日本では、漫画が読まれまくってアマゾンの予算が吹っ飛んだようです。小説とは違って漫画は読むスピードが桁違いに速いですからね。米国のアマゾン、日本の漫画文化を舐めてたってことですね。

 

結果、金食い虫の人気漫画を1週間で読み放題対象から外してしまったから、ブーイングが沸き起こってしまいました。

 

そこで「Amazon Kindle Unlimited」には絶版漫画を導入すればいいんじゃないかとずっと思っています。

 

著作権の使用料については、すでに印税が入ってこない絶版漫画なので通常の漫画よりも安くすれば予算も抑えられるし、漫画家の方も、もう印税が入ってこないと思っていた作品から印税が入ってくるから嬉しいでしょうし。

 

結構需要もあるんじゃないかと思うんですよね。子供の頃ってお金ないから読みたくても読めなくて、大人になったらすでに絶版になってしまって読めなくなった漫画とか多いと思うので、子供の頃の漫画読みたいって大人の人かなりいるんじゃないかな。

 

個人的には「レース鳩0777」読みたいです。

 

【懐かしの漫画】 飯森広一のレース鳩0777

 

古い漫画はすでに原稿がなくなっていたり、著作権の関係上、著作者が亡くなっていたりすると電子書籍化のハードルが高いのかもしれませんが、是非、実現して欲しい。特に電子書籍化して欲しいのは「レース鳩0777」(何度もオシておきます!)

 

Amazon Kindle Unlimited

 

コメント