テニスのシングルスでバックハンドスライスの短いストレートが有効

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テニスのシングルスの試合をやっていて気づいたことがあったのでメモ。

 

テニス

 

ストレートの短いバックハンドスライスが意外と有効かも・・・。

 



Sponsored Links


 

テニスのシングルス戦で、アドコート側でのクロスラリーをやっているときに、相手にストレートのバックハンドスライスを打たれることがあります。しかも短いやつ。ドロップショットとは少し違って、走れば取れるくらいのショット。こちらも相手も右利きの場合です。

 

これが苦手なのに気づきました。

 

フォアでストレートに深く打ってネットに詰めればこちらが優勢になるはずなんですが、ボールのバウンドが低いためネットを越えて深く打つのがなかなか難しい。甘いと相手にバックハンドクロスを打たれてジ・エンドですからね。

 

ショートクロスという手もあるのですが、走りこんでのショットになるのでコントロールが難しくミスしやすい。

 

自分の場合、グリップが厚いので、特にこんな低く滑るスライスはミスがしやすいし・・・。

 

で思いました。逆に右利きの相手にコレ使える!特にグリップの厚い相手はミスしてくれそう。

 

戦術としてはアドコート側で右利き同士でクロスラリーを続けている時に、ストレートバックハンドストレートで先に仕掛け、球質はスライスの短めの浮かないボールで相手を走らせるようにする。

 

特にストレートフォアのグリップが厚めの人に有効かも。運がよければドロップショット気味になってエースが取れるかも。

 

しかしながらフォアのスライスでアプローチできてネットに詰めてくる人や、グリップが厚くても素早く追いつくことの出来る人には、逆効果かも。

 

もちろんレベルが高い人には通用しないでしょうけどね。

 

今度のシングルス戦で試してみよう。

 

コメント