小林製薬の「さいきa(Saiki)」を購入し目の周りに塗り始めた件

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「キュアレアa」を使って目の周りの皮膚炎が治まったところで、次の一歩として小林製薬の「さいきa(Saiki)」を買って試してみることにしました。

 

さいきa

 

顔を洗った後や風呂に入った後に、目の周りがカサカサになるんですよね。この乾燥状態を回避する目的で、使ってみることに。

 

小林製薬の「さいきa」の特徴は・・・

製品特徴

  • 顔にも使える、ローションタイプの乾燥肌治療薬です
  • 有効成分が、肌の奥(※)の細胞から修復して、乾燥肌を治し、肌の保水力を回復します ※基底層
  •  乾燥をくり返す肌を、内側からしっかりと潤う乾きのない肌に導きます

無香料 無着色 弱酸性 パラベンフリー アルコール(エタノール)フリー

くり返す乾燥肌 基底層の細胞の乱れが原因
肌の内部構造を作る肌細胞は、基底層で生まれます
くり返す乾燥肌は、基底層の細胞がダメージを受けて、細胞と細胞の間にたくさんの隙間ができ、肌内部の水分が逃げてしまうことにより起こります
こんな乾燥肌は、いくら肌表面を潤しても、お肌の調子はよくなりません。肌の奥の細胞を修復し、肌の内部構造を正常化する必要があります

公式サイト_http://www.kobayashi.co.jp/seihin/ska_hl/より

 

乾燥肌を、皮膚の奥の細胞から修復する治療薬ということで、目の周りの皮膚の乾燥状態も改善できそうです。説明書を見たところ、顔にも使えるローションタイプの塗り薬で、目の周りには使用禁止と書かれてはなかったので、しばらく使ってみることしました。

 

肌の細胞の内部状態が正常化し肌表面も改善すれば、肌の表面にバリアができて、良い状態が長期で維持できるかなと思っているのですが・・・。

 

さいきa

 

で「さいきa」を使った感じですが、塗った直後は少しぴりぴり感があります。その時に少し痒くなりました。ひょっとすると副作用の気もしてますが、すぐに痒みは治まったので何日間か続けて様子をみてみることにします。

 

ちなみに「さいきa」にも副作用があるので、使う際には公式サイトや説明書で使用上の注意をご確認ください。

 

小林製薬 さいきa

 

 

コメント