ハーフボレーのコツ ボレーのコツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テニスやってたら、ハーフボレーの打ち方について気になったので、ハーブボレーのコツについてメモしておきます。

 



Sponsored Links


ハーフボレーとは、ボールがいったん地面でバウンドして、ボールが頂点に達する前にボレーするボレーの技術。

 

ハーフボレーができると、かっこよく見えますよね。

 

ハーフボレーはローボレーと違い、ラケットの面を開きすぎるとボールが浮きすぎます。

 

コツは、ラケットの面と地面が垂直くらいの角度でインパクトすること。

 

ボールを壁に向けて投げると下方向にボールは落ちますが、ボールを地面へ向けて投げて壁に当てるとボールが上に上がるのと同じ原理。

 

さグリップエンドを前に向けて打たず、ラケット面を先行する感じで打つと、面が上向きにならずいい感じで打てます。

 

このとき、手首を使うと安定しないので、腕とラケットは一体化させ、肩を支点にすると安定します。

 

もちろん、グリップはコンチネンタルグリップで持ち、ラケットと前腕の角度は約90度キープです。

 

ボールがネットするようでしたら、ネットの若干上を狙って打つといいです。

 

コメント