娘にバックハンドスライスを教えた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高校生女子のシングルスを観てると、バックハンドスライスを使っている子が少ない。

 

テニス

 

両手バックハンドが多いからだろうか?

 

シングルスでバックハンドスライスを使えると楽なんですけどね。相手のボールの推進力を利用して返せるので、こっちの力いらんし。バック側にボールを集められても、逆にスタミナ温存できる。

 

ということで娘にバックハンドスライスを教えてみた。

 

バックハンドスライスは簡単。コンチネンタルグリップで握り、ラケットと腕の角度を約90度にキープし、ラケットの面を上向きにしてボールに逆回転をかけて返すだけ。

 

この時、ボディーターンは使わず、ラケットは前に出し、左手は後ろに引っ張るような感じで体が回らないように打ちます。

 

上半身が回るとボールが安定しないので注意。

 

娘はこれまで両手バックハンドでスピン系のボールばかり打っていたので、上半身を止めて打つってのが難しいみたい。スライスとスピンでは体の使い方が違うんだよね。覚えれば試合展開も楽に運べるんだけど。

 

また高校生女子の硬式テニスの試合ではスライスを使っている選手が少なさそうな感じなため、おそらくスライス回転に慣れてないはず。よってスライスボールには相手がミスってくれそうな気がする。

 

スライス回転によって、クレーでボールが滑ってくると打ちにくいし。

 

バックハンドスライスはタッチ感覚が必要なので、正しい打ち方を覚えたら、後は練習するのみ。でも正しい打ち方を知らないと、スライスをマスターするまで遠回りするのでご注意を。

 

バックハンドスライスをマスターできれば、バックハンドボレーも安定するし、ドロップショットにも応用可能。

 

バックハンド側に弾むボールを打たれると片手バックハンドスライスで返すのは難しい部分もあるけど、マスターしておけばプレーの幅はきっと広がるはず。

 

 

コメント