スポンサーリンク

全力教室でやっていた4スタンス理論

全力教室で4スタンス理論という興味深いスポーツ理論を紹介してました。

4スタンス理論を紹介したのは、廣戸聡一先生。

【陸上競技版】4スタンス理論



Sponsored Links


4スタンス理論によると、人間は以下の4つの種類にわけられるそうです。

  • A-1タイプ:重心が前側で内側
  • A-2タイプ:重心が前側で外側
  • B-1タイプ:重心が後ろ側で内側
  • B-2タイプ:重心が後ろ側で外側

人によって重心の取り方が違うそうで、この重心の取り方の違いによって体の使い方が違ってくるため、スポーツなど体を使うときはタイプ別に教えたり、練習させたりするのが重要なんだとか。

運動神経の良い人というのは、この重心の取り方が自然にできるんでしょうね。

また、いくら教えてもらっても運動が上手くできないのは、自分に合ってないやりかたなのかもしれません。

全力教室では、廣戸聡一先生がタイプ別に走り方や逆上がりを教えたところ、短距離走ではタイムが縮まり、逆上がりでは見事成功してました。

小学校の体操にも取り入れてほしいですね。

テニスにも応用できないか考えてみようと思います。・・・と思ったら、4スタンス理論の本がありました。

テニス4スタンススイング革命

ゴルフやサッカーなど他のスポーツも4スタンス理論の本があるようですから、興味のある方は読んでみては・・・。壁を突破できるかも。

4スタンス理論 廣戸聡一 Amazon

【関連記事】

「テニス4スタンス スイング革命」を読んでみた