【懐かしの漫画】学研まんが人物日本史 真田幸村

始まりましたね、真田丸!真田幸村ファンとしては待望の大河ドラマです。

 

学研まんが人物日本史 真田幸村

 

 

真田幸村と言えば、小学生の頃に読んだ「学研まんが人物日本史 真田幸村」を思い出します。

 

「学研まんが人物日本史 真田幸村」とは、真田幸村をテーマとした歴史学習漫画。あの学研の漫画シリーズの人物歴史版です。

 

関ヶ原の戦いの時の真田昌幸+真田幸村vs徳川秀忠の戦(第二次上田合戦)から始まります。この戦いが痛快。真田軍の兵力2,500に対して徳川軍38,000と圧倒的な兵力差がありながら、真田昌幸・幸村の計略によって2,500の真田軍の圧勝。あっというまに真田幸村に心を奪われてしまいました。真田十勇士も登場。

 

面白すぎて何度も読み返しました。

 

歴史に興味を持ったのは、この真田幸村の漫画のおかげ。思い入れのある漫画の一つです。

 

おかげで学校の歴史の授業は好きで、苦にならなかったです。子供は何がきっかけで好きになるかわかりませんね。幸村様様です。

 

かなりのお気に入りなので、まだ捨てずに手元にあります。

 

「学研まんが日本史」は、他にも織田信長や豊臣秀吉など何冊も読んでいますが、やはり真田幸村がピカイチの面白さですね。

 

ちなみに、まだ「学研まんが日本史 真田幸村」売っているのか?と思って本屋さんで調べてみましたが、漫画家と内容がすっかり変わってました。

 

名作だっただけに、本屋に売ってないのはちょっと寂しい。

 

ネットで調べてみると、古本を扱ってはいるみたいですね。また、Kindle版もあってびっくり。古いのに。

 

学研まんが人物日本史 真田幸村 Kindle

学研まんが人物日本史 真田幸村 楽天市場

 

コメント