あずみ(AZUMI)が終わった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビッグコミックスペリオールで連載していた小山ゆう先生の漫画、あずみ(AZUMI)が最終回でした!

 

あずみ

楽しみにしていた漫画だけあって、残念です。

 



Sponsored Links


今やっているあずみは、AZUMIで幕末で活躍する女刺客のお話です。

 

無敵の剣士あずみが幕末の動乱で、葛藤をしながら敵と闘うといった具合。

 

片想いの坂本竜馬が暗殺され、坂本竜馬を暗殺した二刀流の刺客の壮太と闘い、ほとんど無傷で勝って終わりといった感じでした。強すぎますね、あずみ。

 

AZUMIは、あずみシリーズの2作目の作品で、1作目は戦国時代から江戸初期にかけての時代設定でした。

 

戦国時代編は、徳川家康をはじめ、加藤清正、福島正則、豊臣秀頼、宮本武蔵など、歴史上の英雄たちが、空想の女剣士のあずみと絡むのが痛快な漫画でした。

 

宮本武蔵の戦いはワクワクしましたね。さすがに宮本武蔵があずみに負けるわけにはいかず、勝負は引き分けでしたが・・・

 

どちらかと言うと、戦国時代編のあずみが好きでしたが、幕末編もあずみの剣士ぶりが爽快で、スペリオールが出るたびに楽しく読んでました。

 

AZUMIの最終回は、なんかあっけなく、結局、あずみの出生の秘密もわからぬまま。

 

なんかしっくりこなかったなぁ。出生の秘密は明らかにしてほしかった。

 

あずみ(23)

 

で、次も小山ゆう先生の新しいあずみシリーズが始まるのかなと思ったら、なんと、ボクシング漫画に・・・

 

ということで、あずみシリーズはこれで終わり!残念・・・

 

小山ゆう先生のボクシング漫画と言えば、サンデーで連載していた「がんばれ元気」を思い出す。

 

と言うことで、小山ゆう先生の新作ボクシング漫画に期待です。

 

がんばれ元気(1)

 

コメント