スポンサーリンク

USオープン、錦織圭、4時間19分の激闘の末、8強入り!

痺れますね!錦織圭!!

ラオニッチとの4時間19分の激闘の末、92年ぶりのUSオープン8強入りです!



Sponsored Links


4回戦は第5シードのラオニッチが相手。ラオニッチは、ウインブルドンではスーパーサーブの前に敗してしまった因縁の相手です。

試合は直接観れなかったのですが、今回もラオニッチのビッグサーブがガンガン入り、何本もサービスエースを決められたようですね。

相手がサーブですんなりサービスキープされ、こっちのサービスではラリー戦でキープに苦労すると精神的にキツイゲーム展開ですが、錦織圭は粘ってブレークできたんですね。精神力凄い。

フルセットの4―6、7―6、6―7、7―5、6―4のスコアが、そのウレークの難しさを表してます。

ビッグサーバー相手にかなり精神的に辛いゲームだったと思います。自分だったら、途中で心が折れてそうです。

USオープンの日本人8強入りは、1922年の清水善造以来の92年ぶりということですから、凄い偉業です。

この大偉業、もっとニュースで取り上げてもらいたいですが、サッカーや野球に比べると短いなぁ。

次の準々決勝は、第3シードのワウリンカが相手ですが、NHKで放送しないかな。