スポンサーリンク

R-1ぐらんぷり2019年の感想!個人的に推すのはセルライトスパ大須賀

昨日行われたR-1ぐらんぷり2019!

2019年のR-1グランプリもハイレベルな戦い。年々、レベルが上がってきているようでな感じがする。

そんなレベルの高いピン芸人達の戦いを制し、優勝したのが、霜降り明星の粗品さん。しかもM-1グランプリとの2冠達成とは。

この辺、好みの問題となりますが、個人的には粗品さんのフリップ芸よりもセルライトスパ大須賀さんのネタが好きでした。

以下、R-1ぐらんぷり2019年の感想です。



Sponsored Links


Aブロックはセルライトスパ大須賀の勝ちあがり

Aブロックのメンバーは以下の通りでした。

  • チョコレートプラネット 松尾
  • クロスバー直撃 前野悠介
  • こがけん
  • セルライトスパ 大須賀

チョコレートプラネットの松尾のネタ

チョコレートプラネットの松尾さんのネタは、やっぱり鉄板のIKKOさんのモノマネネタ。IKKOさんのものマネは完成度は高いものの、普段からテレビでやっているのでインパクトにかけました。

ちなみに、勝ち上がった場合の次のネタは坂上忍のモノネネのネタをやる予定だったらしい。こっちの方が興味ある。

クロスバー直撃の前野悠介のネタ

クロスバー直撃 前野悠介さんのネタは、工作ネタ。自作の小道具を見せて、これ何?って感じでメジャーなものと見せかけて実は違うというネタ。自作の小道具をメルカリで売っているというのが意表を突きました。

実際にメルカリで売っていて、ネタ終了後にすぐに完売したらしい。GYAO!でケンコバさんが自作の作品をメルカリで売るという番組やれるんちゃう?と言ってましたが、確かに面白そうな企画になりそうです。

こがけんのネタ

こがけんって芸人さんは正直今まで知らなかったです。こんな面白いネタをするとはね。

ネタは、歌が上手くなるマイクを購入して試してみるといったネタ。確かに歌が上手くなり、しかも歌詞が英悟になってしまうというのが非常に斬新。

こんな面白いネタするのに、何で今まで世に出なかったんでしょう?今年ブレークするかもです。

Aブロックではセルライトスパの大須賀さんの次に好きなネタでした。セルライトスパの大須賀さんと同じブロックだったのは不運というしかない。

セルライトスパ 大須賀のネタ

セルライトスパの大須賀さには、赤ちゃん抱っこした大須賀さんが放つ小声の一言「・・・寝ました」というツカミにまずやられてしまいました!

その後も小声で喋り続けるという斬新さ。小声なので、会場も集中して聞くので、雑音が無く、逆に聞き取りやすいといった効果が。

文房具の話で、「ボールペンに比べて下敷きは高いですね」というのに大爆笑してしまった。

文句ないAブロック勝ち上がりだったと思います。

Bブロックは霜降り明星の粗品が勝ちあがり

Bブロックのメンバーは以下の通り。

  • おいでやす小田
  • 霜降り明星 粗品
  • ルシファー吉岡
  • マツモトクラブ(復活ステージ2位通過者)

おいでやす小田のネタ

おいでやす小田さんは、今回4度目のR-1決勝進出という実力派。個人的には、これまでなぜ優勝していないのか不思議なくらいの面白いネタをやっている。

今回のネタも抜群に面白かった。金持ちの社長が、「ローレックスの腕時計が重い!」「歳の離れた若い妻の話が合わなくて面白くない!」と贅沢な悩みを叫ぶといったネタで、テレビの前で爆笑した。

残念ながら霜降り明星の粗品さんに敗れてしまったが、個人的にはおいでやす小田さんの方が圧倒的に面白かった。

審査員との相性が悪いのかね・・・。

霜降り明星 粗品のネタ

霜降り明星の粗品さんのネタは、得意のフリップネタ。くすっと笑えるジャブを繰り出し、手数で勝負って感じでした。確かに笑いの手数は多かったのですが、個人的にドカンと笑えたのはなかった。

そもそもがフリップネタはピンネタ界にあり過ぎて、もう飽きたかな。

個人的にはまさかのBブロックの勝ち上がりでした。

ルシファー吉岡のネタ

ルシファー吉岡さんのネタは、男子校の教師に扮し、来年から男子校と女子高が合併するので「女子高生」という授業をするといったネタ。

設定は面白いものの、若干、ネタが読めてしまった感があったかな。でも上手いなぁ。

マツモトクラブのネタ

復活ステージ2位を通過してきたのがマツモトクラブ。嘘を見抜くジョン(犬)を連れている友人と会話をするといったネタ。

ドカンという笑いが少なかったかな。もっと面白くできそうだけど残念。

Cブロックは松本リンスが勝ち上がり

Cブロックのメンバーは以下の通り。

  • だーりんず 松本りんす
  • 河邑ミク
  • 三浦マイルド
  • 岡野陽一(復活ステージ1位通過者)

だーりんず 松本りんすのネタ

だーりんずの松本りんすさんのネタは、まさかの衝撃のカツラネタ。アキラ100%の裸芸をカツラ芸にした感じのネタ。今回、カミングアウトだったんですかね?

カツラ芸も凄かったですが、芸と芸の間に喋る一言が面白い。

斬新なカツラ芸を披露した松本りんすさんが、堂々のAブロック勝ちあがり。

河邑ミクのネタ

河邑ミクさんのネタは、東京から大阪に引越しするという設定で大阪を徹底的にイジるネタ。どっかで聞いたことのある大阪あるあるだったので新鮮味に欠けた。

三浦マイルドのネタ

元R-1王者の三浦マイルドさん。ネタは優勝時の地元広島弁を使ったネタ。広島弁の勢いだけで捻りがなかった。他の芸人達のネタが面白かった分、これでは勝ちあがれないでしょう。

岡野陽一のネタ

復活ステージ1位で通過してきたのは岡野陽一さん。正直知らなかった芸人さんです。でも顔はどっかで見たことあるようなないような・・・。

ネタは鶏肉を風船で空に飛ばすといった不思議なネタ。ネタ設定がとっぴ過ぎて笑えなかった。復活ステージもこのネタだったんでしょうか?1位とは信じられん。個人的にはスーパーマラドーナの田中さんのネタを観たかった。

ファイナルステージを制し優勝したのは粗品

ということでファイナルステージ進出者は以下の通り。

  • セルライトスパ 大須賀
  • 霜降り明星 粗品
  • 松本りんす

個人的には、やっぱりセルライトスパの大須賀さんの小声ネタが面白かったな。まず虎に囲まれた状態で出てきての小声の一言「・・・囲まれました」で心を掴まされました。う~ん面白い。

霜降り明星の粗品さんもやっぱりフリップネタで勝負。確かに笑いの手数は多い。ジャブの応酬って感じでしょうか。

松本りんすさんもネタ風は変えずにカツラネタを。カツラ芸とカツラ芸の間に挟む一言が抜群。面白かったんですが、相手が悪かったですねぇ。

そんで優勝は粗品さん。大須賀さんと同点だったのですが、満遍なく笑えて多くの審査員に支持されました。個人的にはセルライトスパの大須賀さんでしたが。

2019年R-1ぐらんぷりのまとめ

2019年のR-1ぐらんぷりは相当レベルが高かったと思います。わけのわからんネタも無かったし。

レベルが上がっているのは、やっぱりお笑いの賞レースが増えたのが影響しているんでしょう。

それにしても霜降り明星は勢いありますね。M-1を制しての2冠達成は凄いの一言。

2019年は霜降り明星がお笑い界を席巻しそうです。

後、こがけんさんと大須賀さんはブレークしそうな予感。

R-1ぐらんぷりの関連記事】