スポンサーリンク

シングルスの初戦はセンターセオリーで

テニスの一般人の試合は、練習時間がないことが多いです。ほとんどサーブだけとか。なので、シングルスの初戦の試合の序盤は、センターセオリーを意識してストロークを打つといい感じで試合が運べました。

テニス



Sponsored Links


試合の初戦の序盤はまだ体が十分に動かず、調子も掴めないので、体をほぐすのと今日の調子や具合を確かめるために、しばらくストロークをセンターに打ち続けるのが良い感じでした。

試合序盤から、右に左に打ち分けていると、サイドアウトなどミスが増えます。センターであればサイドアウトもなく、ネットの中央は低いのでネットミスする確率も下がります。

また、こちらがセンターに打つことで相手は左右に打ち分けようとして、ミスってくれる可能性もあり。

上のレベルの相手になると、序盤から仕掛ける必要もあるかもしれませんが、同レベルや下のレベルの相手の場合は、センターセオリーで様子を見ましょう。

仕掛けるのは調子が出てきてからで。