草トーのシングルスではバックハンドスライスが、やっぱりかなり有効な気がしてきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テニスのシングルスの試合では、やっぱり片手バックハンドスライスがかなり有効な気がしています。

 

テニス

 

前々から思ってはいたのですが、最近特に思いが強くなってきた。

 



Sponsored Links


 

一般プレーヤーの草トーの試合の話ではありますが、試合をやっていると片手バックハンドのプレイヤーに苦しめられることが多い。

 

試合ではセオリー通り弱点のバックハンドを狙うことが多いのですが、バックハンドスライスが上手いプレイヤーに対して厳しいところにボールを打っても、スーッとスライスでボールが帰ってきてこちらの攻撃力が無力化されてしまう。更に地面で跳ねると滑ってくるので、攻撃が難しい・・・。

 

バックハンドスライスは攻撃力がないものの、これで粘られると先にミスってしまいます。

 

バックハンドスライスは攻撃力がないので、相手のバックハンドにボールを打った後、ネットに出てボレーで決めればよいのですが、バックハンドスライス巧者は、ボールを上手く沈めるのも上手いし、コースの打ち分けも見事だし、ロブも絶妙な人が多い。

 

ということで自分もバックハンドスライスを試合で多用していこうかと思っています。

 

ただ我慢が出来ないたちなので、バックハンドをスライスだけで粘るってことは試合中には忘れてしまい出来ないだろうなぁ。

 

悩ましいところです。

 

 

コメント