スポンサーリンク

M-1グランプリ2019の感想

M-1グランプリ2019の感想です。

一言で言うとめちゃレベルの高いM-1でした。



Sponsored Links


M-1グランプリ1stラウンドの結果

M-1グランプリの1stラウンドの結果は以下の通り。

  • 1位 ミルクボーイ(681点)
  • 2位 かまいたち(660点)
  • 3位 ぺこぱ(654点)
  • 4位 和牛(652点)
  • 5位 見取り図(649点)
  • 6位 からし蓮根(639点)
  • 7位 オズワルド(638点)
  • 8位 すゑひろがりず(637点)
  • 9位 インディアンス(632点)
  • 10位 ニューヨーク(616点)

ミルクボーイが681点という史上最高得点を出して1位通過。次いでかまいたち、ぺこぱがファイナルラウンドへ。

ニューヨーク

トップバッターはニューヨーク。

歌ネタでした。準決勝と同じラブソングの歌ネタ。面白かったんですが、10位とはね。個人的には6位くらい。トップバッターのハンデが高すぎだったんじゃないのかな。

でもニューヨークが今年のM-1の盛り上げの貢献度No1だったのは間違いない。

かまいたち

2番手はかまいたち。

準決勝のネタから変えてきましたね。十八番のUFJのネタを持ってきました。

でもこのUFJネタはテレビでも何回も披露しているやつ。記憶ではM-1でもやってたような飢気が・・・。ま、面白かったけども。微妙にバージョンアップしてたし。

660点で2位で通過。

和牛

敗者復活を勝ち上がった和牛。

敗者復活のネタは準決勝のネタとは違った。不動産のネタで勝負してきた。落選した漫才では勝ち上がれないと思ったんでしょう。

誰か住んでいる部屋を不動産屋が紹介するってのがめちゃウケタ!しかも不動産屋が自分の部屋まで紹介。ラストはツッコミの川西がコミカルに立ち回り。ラストまで作りこまれた漫才でした。

オモロかったんで危なげなく敗者復活戦は勝ち上がり。

そんで決勝戦ではどんなネタで来るのかと思ったら、敗者復活戦と同じく不動産のネタ。そうかそのパターンもありか。

652点でかまいたちの2位につけ、ファイナルに行けると誰もが思ったと思うが、まさかの4位へ。

悲願のM-1優勝は来年へ持ち越し。

すゑひろがりず

4番手はすゑひろがりず。

斬新な狂言漫才がM-1決勝戦でどこまでウケルのか興味津々。

しっかり笑いは取っていた。狂言で合コンを演じているだけなんですけど面白い!

でも想定していたよりはウケが弱かったような。予想ではファイナルに進むと思っていたんですけどね。

得点は637点で8位でした。

からし蓮根

5番手は若手のからし蓮根。

自分の予想では2位と予想。準決勝でかなりウケてたんで。

ネタは車の教習所をテーマにした漫才。このネタはテレビでよく観るネタです。18番なのか準決勝でもこれで決勝の1stラウンドでも使ってきましたね。

でも、あがっていたのかな。出来はあんまり良くなかった様な。得点は639点で6位。

上沼恵美子が初々しいと絶賛してました。逆に和牛を初々しさがないと謎にけちょんけちょんに言っていた。

上沼さん、何言ってんの?と思いましたが、実は時間を延ばさなきゃいけなかったのかもしれない。

見取り図

6番手は見取り図。

見取り図も準決勝と同じネタでしたね。準決勝を観た限り、準決勝の漫才では他の漫才師との比較で優勝は難しいと個人的に感じていましたが、決勝戦でネタを変えるのは勇気がいるしなぁ。

見取り図の漫才は面白くて好きなんだけど、若干爆発力に欠けるような気がする。

安定感もあり、上手いので点数は649点の高得点。5位。

ミルクボーイ

7番手はミルクボーイ。

ミルクボーイも準決勝と同じコーフレークのネタ。準決勝でもかなりウケてましたが、決勝では更にウケてました!

知名度は低いですが、個人的には昔から知っているコンビで漫才も知っていたので、M-1決勝でミルクボーイの漫才を再び観ることができるとは。

コンビーフやろ、コンビーフじゃないやろでここまで笑わせてくれる!

レベルの高いしゃべくり漫才はやっぱりオモロイ!

M-1史上最高得点の681点で1位通過。

オズワルド

8番手はオズワルド。

ネタは準決勝と同じネタ。初めは静かな笑いですが、後半にかけて大笑いに。これも準決勝と同じパターン。

バッティングセンターで板前が寿司を握ってその寿司を投げるとかむちゃくちゃですが、オモロイ。

638点の7位ですが、来年も期待できそう。ただM-1でファイナルに上がるには厳しい漫才スタイルかも。

インディアンス

9番手はインディアンス。

インディアンスは随分と前から知っているコンビでオモロイなぁと思っていて、なんでM-1に出てこないのかと不思議でした。今回決勝に勝ち上がって、やっと出てきたかと思った次第。

インディアンスの決勝も準決勝と同じネタ。でもなんか準決勝と比べると出来がイマイチのような感じがしました。

そしたらGyaoの反省会で、ネタが飛んだことが判明。それでか・・・。ネタが飛んであの漫才ができるんだからある意味凄い。

632点で9位。審査員も見抜いていたのかな。

ぺこぱ

ラストはぺこぱ。

ぺこぱも同じく準決勝と同じネタ。個人的にはそんなに高い評価はつかないと勝手に思っていましたが、点数高かったですね~。

やっぱり肯定するツッコミというのが斬新過ぎる漫才で評価が高かったのでしょうか。

すっかり忘れていたのですが、正月の面白荘で優勝してたんですね。子供に言われて知りました。言われても思い出せない。1年弱ですっかりスタイルを変えてきたとは恐れ入った。着物捨てて良かったですね。

得点は654点。ファイナルラウンドへ見事進出。

M-1グランプリ2019 ファイナルラウンド

ファイルラウンドへ進んだのはミルクボーイ、かまいたち、ぺこぱ。

1番手はぺこぱ。同じく肯定するツッコミ漫才。面白いんですがちょっぴりパンチ力に欠けた感じ。

2番手はかまいたち。

ファイナルで準決勝のネタを使ってきましたね。いまだかつてトトロを観てないって自慢をする漫才。どうでも良い自慢話でここまで盛り上げる漫才っちゅうのがかまいたちの真骨頂。

トトロっていうのが絶妙。

ラストはミルクボーイ。

ファイナルでは何を持っていくかとおもったら今度は微妙なお菓子のモナカ!チョイスがいいですね~。

ドカンドカンとウケてました。2つ目も面白かった~。

ツッコミの内海さんが、声を張り上げ過ぎていたのか、途中で息切れしそうな感じに見えて大丈夫か心配になりましたが、何とか乗り切れてました。

そして優勝はミルクボーイ!!!

納得の優勝!

まとめ

M-1グランプリは毎年毎年面白くなっている。5000人もの漫才師が切磋琢磨してるんだから進化していくのは不思議でもなんでもない。

来年のM-1グランプリも更にレベルが上がっているに違いない。